中島みゆき「縁会」@札幌ニトリ文化ホール2012

クラシック以外でリピートするコンサートなんて小生としては珍しいのですが、
札幌2日目に出かけてきました。
少し遅くなりましたが、感想を少々。
(なにせここ数日、過去のツアー記事へのアクセスが多い。)
c0007388_22545028.jpg

2度目となったのは、ツアー2010での印象が良い意味で強烈だったのに加え、
今年観た劇場版「歌旅」が内心のボルテージを高めたことが大きかったのでしょう。

今度は、イチかバチかの当日券ではなく、一般予約券で入場しましたが、
一階の結構良席なのにはびっくりでした。
恐らく熱狂的なファンがいらっしゃるにもかかわらず、ファンだけを優先させずに、
一般予約有り、当日券有りをコンスタントに実施されて満遍なくお客を大事にしている
姿勢には、一目も二目も置きたいくらい。

今回も前回同様休憩をはさんだ2部構成で、歌の合間にはよく水をお飲みになっていました。
でも、アンコールも含めて、2年前のツアーよりも多い全21曲ですから、
決してパワーダウンしたとは言えません。
新旧取り混ぜた作品の数々を、時には話しかけるように、時には力強く熱唱される姿に
前回ツァー同様聴き惚れていました。
ただ、前回と違っておたよりコーナーは、集中させずにかなり散らしていたのと、
小芝居風もあったり、楽屋オチ的ネタも話されたりで、構成も変化しており、
終わってみると結構MCの多いコンサートだったな、という印象が残りました。
この辺は、みゆきさん自身が「さだまさしのようにならないように気をつけます。」と
おっしゃっていたので、それでも自制されていたんだな、という感じですね。

札幌はコンサートツアーの半分くらいなので、セットリストはもうバレバレなのでしょうが、
中島みゆきさんへのリスペクトからツアー終了後に追記することにします。
少しだけヒントを書くと、
①ご自分のアルバムにも入れてない他の歌手への提供曲
②騒然とした世の中の雰囲気を反映したのかな、と思わせた20数年ぶりに歌う曲
③新たにツァーをやる時は前の2回分位のツアーで歌った曲は除くらしいのですが、
 みゆきさんの強い希望で前回ツアーで歌った曲を一曲
 (名曲中の名曲。みゆきさんから聴く者へのなぐさめとエールだと思いました。)
④トンネルの中から生中継で歌ったアノ曲も
 (「おおみそかみたい。歌詞もまちがえてるんじゃないかと不安」と笑わせます。)
もちろん、最新アルバムからも何曲か聴けます。
①とか②は昔からの熱心なファンの方なら曲名はわかるのでしょうが、
小生は近頃なったにわかファンなので、全然わかりませんでした。

終わってみれば、あっと言う間でしたが、今回も満足度の高いひとときでした。
c0007388_03664.jpg

終演後セットリストが掲示されますが、相変わらずケータイで写す人が多いですね。
メモをとる人なんて一人も見つけれませんでした。
今のケータイカメラは高性能だから、こういう光景も定着した感じですね。
と言ってますが、小生もご同様でした、ハイ。
<追記2013.2.16>
ツアーも今月10日には終わったようですが、
5月には新装なった大阪フェスティバルホールで追加公演が予定されているようです。

当日のセットリストです。
 1 空と君のあいだに
 2 あした
 3 最後の女神
 4 化粧
 5 過ぎゆく夏
 6 縁
 7 愛だけを残せ
 8 風の笛
<休憩>
 9 素直な線
10 常夜灯
11 悲しいことはいつもある
12 地上の星‥‥‥記事の④
13 NIGHT WING‥‥‥記事の①、工藤静香さんへの提供曲
14 泣きたい夜に
15 時代‥‥‥記事の③、前回も「まさか聴けるとは」と言う気持ちでした
16 倒木の敗者復活戦
17 世情‥‥‥記事の②、隣の男性が小躍りして猛烈に拍手していたな
18 月はそこにいる
<アンコール>
19 恩知らず
20 パラダイス・カフェ
21 ヘッドライト・テールライト

[PR]
by capricciosam | 2012-12-04 22:55 | 音楽 | Comments(0)


<< さようなら、中村勘三郎さん 六代桂文枝襲名披露公演@札幌市... >>