去る二題

寒気にともなう前線の南下で週末は大荒れの予報でしたが、
幸い昨日、今日とたいして雪も降りませんでした。
でも、厚い雲に覆われているせいか日中でも「冷蔵庫」状態です。
こういう時は、結構底冷えするんで、家の中でも大変なんですよね。
まったく、この冬の寒気はしぶといなぁ…(あきらめ)

さて、記事も更新しないうちに1月も去りつつあります。
2月になれば、プロ野球はキャンプイン、
というこのタイミングで、ファイターズファンには思わず耳を疑うようなトレード話が。

「プロ野球の北海道日本ハムは23日、糸井嘉男外野手(31)と八木智哉投手(29)の
2選手と、オリックスの木佐貫洋投手(32)、大引啓次内野手(28)、赤田将吾外野手(32)の
3選手を交換トレードすることで合意した、と発表した。」
(以上、道新1/23より引用)

1/24のラジオで、トレード通告に室外で立ち会われ、通告後に糸井選手と二人で話された
という球団の職員の方がこの件に関して発言されているのを耳にしました。
質問に答える形だったのですが、かなり発言には注意されている気配でした。
実際、しゃべりづらかっただろうと同情しましたが、
その中でやや強い口調で言った次のような言葉が印象に残りました。
正確にはおぼえていないのですが、

「これからは社会人として自分の言葉ではっきりと自らの考えを述べていくべきだ。」

というようなことでした。

昨年の最初の契約交渉を保留し、次の交渉には代理人を立てたようですが、
球団としてトレードもやむなしと判断した背景には、
①今シーズンオフにはポスティングによるメジャー行き
②これがかなわないのなら他球団へのトレード
という糸井選手側の要求がトリガーとなったとの報道がありますね。

ただ、先の職員の方の発言から推定すると、①②あたりは、
糸井選手が自分の言葉できちっと球団に説明仕切れていない感じを受けました。
ひょっとすると、代理人の交渉上の駆け引きの言葉が
糸井選手本人の意図を離れてしまったのかもしれません。
だとすると、先の職員の方の発言も合点がいくのですが、
まぁ、当事者がこの点について語ることはもうないのでしょう。
ですから、これはまったくの小生の推論の域をでません。
でも、説明不足が球団の不信を生み、瓢箪から駒になったようなら、
トレードは糸井選手にとっては本意ではなかったことは確かでしょうね。

札幌ドームで観戦していても糸井選手のレプリカユニフォームを着ている方は
結構目に付きましたから、応援されていたファンも多かったとは思うのですが、
ファンも心機一転して、あの愛されるキャラクターでオリックスでも活躍してくれることを
期待してあげましょう。

と、ここまで書いて昨日は外出してしまったので、その続きを明け方に書いています。

昨夜はオリックスで糸井選手、八木選手の入団発表がありました。
c0007388_72031.jpg

「糸井嘉男外野手(31)は26日、ほっと神戸で入団会見し「トレードは驚いた。
最初は(日本ハムの選手やファンと)別れるのがつらいと思った。
ゼロだった僕をここまでの選手にしてくださったので…」と声を詰まらせた。」
(1/26スポニチより引用)

こういう人柄だから、札幌ドームでファイターズと対戦する時は、
きっと「よしおー!!」という、これまでと変わらぬ声援がファイターズファンからも
かけられると思います。

さて、糸井選手は「去った」のですが、もちろん生きて活躍してくれることでしょう。
次に紹介するのはこの世でかつて活躍していた人が「去った」という訃報です。

「高田 文之(たかだ ふみゆき、生年月日未確認 - 2013年1月24日遺体確認)は、
北海道を中心に活動していたローカルタレント・歌手。本名での活動も一部行っていたが、
一般的には愛称「Mr.デーブマン(ミスターデーブマン)」が知られている。(略)
2013年1月24日、札幌市の自宅で脳梗塞により死亡しているのを、
訪ねてきた知人により発見された。享年66。」
(Wikipediaより引用)

1970年代半ば、当時のHBCラジオで夕方放送されていた「ベストテン北海道」では
「4時になったら、よーじいくぞ、ベストテンほっかいどう!!」
なんて、いまからみたら親父ギャグと一蹴されそうなダジャレでスタートしていました。
と言えば、思い出される道内在住者の世代の方も多いのではないでしょうか。
c0007388_744825.jpg

この番組のパーソナリティがMr.デーブマン。
小生はリクエストは書いたことはないのですが、
彼が番組を降りてからしばらくして、地下鉄東西線の車内で偶然お会いして、
挨拶を返してもらったことがありました。
あのコロッとした体型で、少しはにかみながら微笑んでくれたMr.デーブマン。
当時は凄い人気だったんでしょうから、最後が孤独死だったなんて
その差の大きさには声を失いました。

Mr.デーブマンのご冥福を心からお祈りいたします。
[PR]
by capricciosam | 2013-01-26 14:10 | 時の移ろい | Comments(0)


<< 緊急地震警報と時ならぬ陽気 東西ミステリーベスト100@文... >>