緊急地震警報と時ならぬ陽気

「2日午後11時17分ごろ、北海道の十勝、釧路地方など道内各地や青森県など
広い範囲で地震があり、十勝地方中部、釧路地方中南部などで震度5強を観測した。
札幌管区気象台によると、震源地は十勝地方中部で、震源の深さは約108キロ。
地震の規模を示すマグニチュード(M)は6・5と推定される。」
(以上、道新2/2より引用)

寝ていましたが、結構強い揺れでした。
道東でひどい被害がでなければよいのですが。
昨夜は揺れで目が醒める数秒前に枕元の携帯が鳴り出して目が醒めたのですが、
あれが緊急地震警報というのでしょうか。
以前の携帯にはこの機能がついていなかったので、初めての体験です。
危機が迫って居るぞ、という感じのかなり強い調子です。
ほんの数秒の違いなのですが、目が醒めて身構えることができましたから、
時と場合によってはもっと大きな役割を果たすこともあり得るのでしょうね。

さて、日中はまるで春を思わせる陽気。
お陰で家の前の道路の雪も溶け出して、ぐちゃぐちゃ状態です。
こんな時は焦ってもしょうがないので、除雪車が入るのを待つ方が良い。
その間は久しぶりに室内整理です。
まったくどうしてこんなにたまるのか、と思うくらいゴミはたまりやすい。
ゴミたまりやすく、金たまりにくし。
なんて、どこかで聞いたような金言風でもひねりたくなります。

BGMを適当に流していたのですが、写真はそのひとつ。
昨年のラ・フォル・ジュネに合わせて発売されたらしい
コシア音楽のコンピレーションアルバム。
廉価盤でしたが、なかなか楽しい。
c0007388_712017.jpg

陽も傾きかけた頃、ようやく除雪が入り、通り過ぎた後は
除雪車が残していった分をスコップを手に自力除雪です。
シャーペット状態なので、重い、重い。
近所の御主人と、腰にくるねぇ~、と慰め合いです。
加齢とともに、年々除雪が大変になります。

夜は先日録画しておいた「SONGS」を観ました。
由紀さおりさんとピンク・マルティーニとのニューヨークライブなのですが、実に楽しい。
最近はヘビーローテーション化しています。
「1969」というアルバムでブレークした御両者ですが、
1969年と言えば昭和44年。
世代の方には懐かしい歌の数々が、由紀さんの素敵な声で蘇ります。
YouTubeでその一部を見つけました。
PPMの素朴さとは違うやさしさのようなものは唱歌に通じるものなのかな。

[PR]
by capricciosam | 2013-02-03 07:23 | 時の移ろい | Comments(0)


<< エサ=ペッカ・サロネン&フィル... 去る二題 >>