レ・ミゼラブル@映画2013

昨年12月に公開されているので既にご覧になった方も多いと思います。
小生は先月に一回観た折、すごく心に残り、
「絶対観たほうが良い」とカミサンに言ったところ、
そう言えば我が家には原作がある、ということに気づき、
カミサンがまずは原作からと熱心に読んでいます。
小生はそれが3冊もあるのを見て、あきらめました(根性ないなぁ…)。
でも、そろそろ上映時間が間引きされてきたので、終映する前にと思い、
カミサンを連れて再びシネコンへ。
2回も観てから感想を書くなんて初なのですが、やはり良いものは良い、
としか言いようがないですね。

ストーリー的にはジャン・バルジャンが教会で銀の燭台を盗みながらも、
司祭に許され悔い改めるという所までしか知らなかったので、
その後の展開含め、大きな歴史の流れの中で翻弄される主人公や周辺の人物の
人間模様までは知りませんでした。
まして、ミュージカルは観たこともありません。
この映画はミュージカル版の映画化らしいので、このミュージカル化自体が
ヴィクトル・ユーゴーの原作の壮大なスケールから、うまくエッセンスを抽出することに
成功したと言えるでしょう。
そして、映画化に当たっても、各俳優のうまさはもちろん、全編を貫く印象的な楽曲が
観客をスクリーンに惹き付けて止みません。
しかも見終った後に心に灯火がともったように感じられる、そんな映画なのです。
素直に感動しました。お薦めです。
c0007388_7234535.jpg

<追記2013.3.20>
第85回アカデミー賞助演女優賞はファンテーヌ役のアン・ハサウェーが受賞。
薄幸の女性役を見事に演んじていました。

[PR]
by capricciosam | 2013-02-11 07:23 | 映画 | Comments(0)


<< 「カルミナ・ブラーナ」二題 リツイートしてみる >>