ちょいと厳かに

■ 初詣にいく
  
  日本列島を覆う低気圧の影響で天気もパッとしない。
  各地で雪が降った様子がTVで放映されている。
  雪が天からほぼまっすぐに舞い降りてくる。
  風もなく穏やかな元旦だ。
  雪の中では落ち着いて初詣もできないなぁ、と
  外出をあきらめて年賀状作りの続きをしていた。
  ふと窓をみると、雪も止んで青空がみえる。
  まだ、午後2時過ぎ。
  「間に合う」
  急遽、初詣に出かけることに。  
  夕方の日も暮れかかろう、と言うのに、
  神社に向かう道に依然人出は多い。
  やっぱり元旦だなぁ。
  本殿にたどり着き、拝礼する。
  「家内安全」
  平凡なれど、願いはこれにつきる。
  お参りを終える頃になると、すっかり夜の帳は降りている。
  露店で甘酒をすすって冷えた身体を暖める。
  こうして新年の初日が終わった。 
  
[PR]
by capricciosam | 2005-01-01 22:10 | 時の移ろい | Comments(0)


<< どうして たったこれだけ >>