鮮烈デビュー

3月も明日で終わり。早いものです。
日に日に陽射しも明るさを増し、晴れた日の日中は身も心も背伸びしたくなります。
これもじっと耐えた冬があったればこそなのでしょう。
しかし、3月の大雪の影響で家の周囲は残雪が多く、
このペースでいくと雪がすっかりなくなるのは昨年より遅れそうな気配です。
c0007388_10334257.jpg

それで、今朝は食事を終えて早々に雪割りをしました。
少しでも歩道の上の雪をなくそうとは思うのですが、
除雪車で固められた分はアルミスコップでも歯が立ちません。
時間を空けて、少し溶けたら、また続けていくつもりです。

さて、昨日はプロ野球が開幕。
ファイターズは埼玉西武ドームでライオンズとの試合でした。
注目は、やはり「二刀流」大谷翔平。

「日本ハムのドラフト1位ルーキー・大谷翔平投手(18)が
西武戦に「8番・右翼」で先発し、5回の第2打席にプロ初安打となる
右翼線二塁打を放ち、続く6回には右前適時打で初打点を挙げた。
高卒新人が野手で開幕戦に先発出場するのは
日本ハムでは59年の東映時代の張本勲以来で54年ぶり。
安打を記録したのは球団史上初、さらに打点を挙げたのは
プロ野球史上2人目の快挙となった。」
(以上3/30スポニチより引用)

『鮮烈デビュー』、と言っても過言ではないでしょうね。
昨夜は帰宅が遅かったので、TVのあちこちのスポーツニュースを見ていましたが、
何度見ても「たいしたものだ」という感想しか浮かびません。
やはり、並の新人ではありません。

それから道産子新人初の開幕スタメンとなった鍵谷投手も
6回裏1点差に追い上げられ、なお得点圏に走者を背負う厳しい場面でしたが、
後続をフライに打ち取って見事中継ぎの役割を果たしました。
こちらも順調で、嬉しい限りです。

まだ観戦計画は立てていないのですが、札幌ドームへ足を運ぶのが楽しみです。

ところで、昨日帰宅する時、お腹が空いたのでコンビニでおにぎりを買ったのですが、
ラベルをよく見ると何やら違和感が。
c0007388_1213728.jpg

何かなと思ってよく見ると(写真では見にくいと思います、スイマセン)、
「北海道雄武産 利尻昆布使用」と書いてあります。
産地がきちんと表示されていて良いじゃないか、と思われるでしょうが、
地名のミスマッチングが気になるのです。
利尻昆布は道内アチコチで生産されているのか、ということです。

「生産地は利尻島、礼文島及び稚内沿岸であり、利尻島のものが最高級品とされる。」
(以上Wikipediaより引用)

と、道内でも産地が道北の一部に限定されるということのようです。
つまり「雄武(おうむ)」は稚内沿岸よりずっと南の網走管内なので、
果たして利尻昆布なんてあるのかな?と素朴に思ってしまったという訳です。
ひょっとして雄武で養殖事業でもやっていて、成功したのかもしれませんが、
寡聞にして知りません。なんとも不思議な表記です。
えっ、おにぎりはどうしたのかって?
もちろん、おいしくいただきました(笑)

この記事を書きながら聴いているのは写真のCD。
ブラームスの2番は初夏も良いのですが、春を迎える今の時期にもピッタリかな。
モントゥー87歳の時の録音ですが、実に瑞々しい響きです。
c0007388_12361839.jpg

[PR]
by capricciosam | 2013-03-30 12:31 | 時の移ろい | Comments(0)


<< 安永徹&札響メンバー室内楽コン... ちょっと入院していました >>