安永徹&札響メンバー室内楽コンサート@Kitara2013

1 ウェーベルン 弦楽四重奏のための緩徐楽章(五重奏版)
2 ブルックナー 弦楽五重奏曲「インテルメッツォ」ニ短調(六重奏版)
3 フランセ 八重奏曲
4 チャイコフスキー 弦楽六重奏曲「フィレンツェの思い出」ニ短調(七重奏版)
アンコール 6つの弦楽四重奏曲第35番ヘ短調より第3楽章

本公演はKitaraがプロデュースしている安永徹さんと市野あゆみさんの室内楽公演
(全4回)の第3回目に当たるらしいのですが、今回市野さんの登場はなく、
安永さんと札響ピックアップメンバーによる室内楽公演となったようです。

プログラムも多彩だったのですが、さらに少し趣向を凝らしてあったのは、
作品本来の形よりも楽器がひとつずつ多い形になっていることです。
この辺りは、会場で配布されたパンフレットにも記してありましたが、
本来コントラバスが加わるのは3だけ。
それを3以外の曲にも安永さんとコントラバス奏者の飯田さんでコントラバスが
加わる形で編曲をした、とアンコールの時安永さんがおっしゃっていました。
通して聴いてみても違和感は感じませんでした。
編曲の成果があったのでしょう。

ベルリンフィルを退任された安永さんが札響メンバーと演奏するのは
2009年の演奏会以来、今回でまだ2回目ではないでしょうか。
その時も札響は規模を縮小して室内オケ規模で演奏していましたが、
前回に比べたら奏者の数は一層少ない訳で、奏者個々の力がより露わになるため
緊張の高さというのは前回の比ではないのかもしれません。
今回演奏された札響の皆さんも普段は室内楽を頻繁に演奏している訳でもない
のでしょうから、前回より緊張度は高かったのでは、と推察してました。
しかし、それは杞憂というもので、この日のためにどのくらいの練習を重ねたのかは
わかりませんが、アンサンブルとしては十分聴き応えのあるレベルに仕上がっている
と思いました。

1は当初アナウンスがなかった一曲でしたが、「大変ロマンティックな作品」(パンフから)
で演奏会の導入としては上々の滑り出しです。
2のブルックナーの室内楽作品は所有CDにもなく初耳でしたが、「おっ、聴いたことある」
という思いに襲われるくらいブルックナーらしさが感じられました。 
3はこれまでのPMFでも演奏されているのですが、あいにく聞き逃していました。
特に両端楽章が洒脱な感じで、楽しめました。
この段階で早くもブラボーがとんでいました。
4は一楽章からスケールの大きな作風なのですが、演奏も躍動感があふれていました。

小生にとっては初耳だらけの曲でしたが、実に楽しいひとときでした。
ぜひこういう機会がまたあることを望みたいところです。
以前の記事にも書いたのですが、安永さんとの演奏の機会、
札響はもっと企画していただけないものでしょうか。
5年で2回は少なすぎます。
c0007388_6523749.jpg

[PR]
by capricciosam | 2013-03-31 06:53 | 音楽 | Comments(0)


<< 鍵は先発投手 鮮烈デビュー >>