鍵は先発投手

早朝に目が醒めてしまい、PCに向かっています。
外から雨音が時折大きく聞こえてきます。
発達して通過中の低気圧の影響なのですが、今のところ風はそう強くもないようです。
c0007388_5362623.jpg

札幌管区気象台の気象レーダーからは、大きく雨雲がかかっていることがわかります。
日中の降水確率も90~80%と高い。
急ぎの用もないので今日は家の中にいる予定です。

そんな荒天ですが、札幌ドームではファイターズの試合が予定通り開催され、
きっと大勢のファンの皆さんが足を運ばれることでしょう。
昨日までの7試合を終えて2勝5敗、とうとう最下位に沈みました。
まだ、ほんの序盤ですから、まだまだ一喜一憂しなくてもよいとは思うのですが、
ファンにとっては歯がゆい思いにさせられます。
昨年の順調な滑り出しを思えば、「一体どうしたんだろう?」とつい思ってしまうのですが、
ここまで観ていて、どうやら「先発投手」が鍵となりそうな気配ですね。

ここまでの試合を先発投手の失点と相手チームの得点で振り返ってみます。
SBはソフトバンクの略です。

3/29対西武 結果は◎ 先発:武田勝  3回1/3を投げ2失点 西武の得点は3点
3/30対西武 結果は×  先発:ウルフ 6回を投げ2失点    西武の得点は4点
3/31対西武 結果は×  先発:谷元  3回を投げ4失点    西武の得点は5点  
4/3対ロッテ 結果は×  先発:吉川   6回を投げ4失点    ロッテの得点は4点
4/4対ロッテ 結果は◎  先発:木佐貫 7回を投げ3失点    ロッテの得点は5点
4/5対SB   結果は×  先発:中村   4回1/3を投げ6失点 SBの得点は6点
4/6対SB   結果は×  先発:ウルフ  6回を投げ5失点    SBの得点は6点

先発投手は平均5回を投げて、平均失点は3.7点。
投球回数としてはやや物足りないものの、まあまあじゃないでしょうか。
しかし、よく打たれているのが目立ちます。
片や相手チームの得点は平均4.7点。
相手チームの得点に占める先発投手が与えた失点の割合は平均約79%と高い。
特に、吉川や中村といった昨年めざましい活躍をした若手が100%と高率です。

先発投手が相手チームを押さえて味方の得点を待つという試合のリズムを
作り出すことができないまま敗戦を迎えている感じです。
中継ぎの矢貫や鍵谷が健闘しているだけに、よけいそう感じます。
この辺りがチームの勝敗に大きく影響を与えているような感じですね。

それから打撃の面ですが、ビジターとして戦った5試合目までは平均9.6安打なのですが、
札幌ドームでは2試合平均で4.5安打と半減しています。
ホームで打てない、なにやら既視感に襲われます。
特に、SB(ソフトバンク)相手にはいや~な感じが残っています。
ファンとしてはホームでこそ、のびのびと打ってほしいんですが、気負いすぎてるのかなぁ。

ドーム開幕3連戦ですから、選手の皆さんには気分を一新して
今日こそ大勢のファンの前で活躍する姿を見せてほしいものです。
<追記4.8>
中田選手の逆転3ランホームランで3連敗にはならずに済みました。
でも、先発投手の谷元投手は3回を投げ2失点。
前回登板よりは押さえたものの、SBの得点も2点だけですから、
先発が献上しているパターンは変わらず。
また、勝ったもののチームの安打数はたった3本。
さらに貧打にあえいでいるのは困った傾向です。
記事で分析した傾向は依然続いているのですが、
16日までは札幌ドームを一旦離れますから、リフレッシュして戻ってきてもらいたいものです。

[PR]
by capricciosam | 2013-04-07 06:39 | ファイターズ | Comments(0)


<< モヤモヤが続く 安永徹&札響メンバー室内楽コン... >>