大谷翔平札幌ドーム初打点を目撃@2013

リーグ優勝2連覇どころか、日本一を狙うはずのファイターズ。
今シーズン序盤戦も順調に消化してきましたが、どうしたことか、調子が上がらないまま。
その上、気がついてみるともうすぐ交流戦。
交流戦までに借金を返すはずが、借金を返し損ねています。

その上、気がつくと、小生まだパ・リーグ公式戦は1試合も観戦していません。
ファイターズファンクラブ会員としては、「いかん!」なのですが、
公私いろいろあってこれまで観戦の予定がたちませんでした。
しかし、昨日はたまたまエアポケット状態が出現してくれ、今年初のドーム見参が実現。
おまけに年に何回かしかない「ファンクラブデー」なので、チケットが激安。
ほとんどフィールドに近い良席が当日券で格安でゲットできました!!
勝利を期待してはいるのですが、なにしろチームは4連敗中なので、
なんとか一勝して連敗脱出をしてもらいたいところ。

結果は、先発吉川投手が3回に崩れ(と言うのか、読まれたのか)楽天のビッグイニングに。
昨日の木佐貫といい、不調の先発陣の中では比較的安定していた2人がこれではつらい。
打線もいまいち繋がりを欠き、応援していてもスカッとした気分には中々なりません。
三塁側にいましたが、ファンが「盛り上がったな」と言えるのは6回裏2アウトで、
大谷選手が2塁打で中田選手をホームに返し1点を奪い、続く打席に代打稲葉選手が入った時。
稲葉ジャンプまでやったのですが、ファウルをキャッチされて3アウト。
得点圏まで走者を進ませながら得点に繋がらない、歯がゆい状態が続きます。

「あ~ぁ、△?#:◎‥」

いやいや、プレーする選手はもっとつらいはずです。
観戦しているだけのファン風情が感情のままアレコレ言うべきではありません。
オイラもファンの端くれ。ひたすら、応援しませう。

そんな中一筋の光明。
二刀流に挑戦中の大谷翔平選手を、ついに生で見ることができました。
4打数で2塁打が2本。しかも、そのうち1本は札幌ドーム初打点!!というメモリアルな一打。
しなやかなフォームですが、当たると長打というのは、誰に似ているのかな。
小生の知る範囲ではイチローをもっと柔軟にしたイメージなんですが、
あの柔らかいフォームから、まるでスラッガー級の球筋で外野奥に飛んでいくんですからね。
その上、守備でもノーステップで返球する肩の良さ。
率直な感想なんですが、

「へーっ、凄い。(打者として)もっと見たいなぁ~」

ピッチングは見てませんが、これだから二刀流なんでしょうね。納得。
ぜひ大輪の花を咲かせてもらいたいものです。
これで応援する楽しみが増えました。
ガンバレ!大谷翔平!!
ガンバレ!ファイターズ!!
c0007388_23322518.jpg

この日はプレイヤーズスペシャルということで小谷野選手応援グッズの
キンチャクを掲げて応援していました。栄ちゃん、頼むよ~!!

<追記>
道内外から修学旅行生がみえていました。アナウンスでは10校くらいあったかな。
中には観戦してから1時間くらいで引き上げていた学校もありましたが、
多くは試合を長時間に渡って観戦していた模様。
野球に関心のない生徒なら、つきあいも大変だったのでしょうが、
感心したのは名寄市立風連中学校のみなさん。
「風連中学校はファイターズを応援しています」という立派なボードを用意してきて
熱心に応援していましたね。事前準備も大変だったんじゃないのかな。
3回ぐらいで場内のビジョンに登場して気づいたのですが、YMCAでも写っていましたね。
学習の一環という位置づけなのでしょうが、地元ではなかなか得にくいだろう
ドームの熱気を一体となって体感していくことで、一人一人の中に何かが宿れば幸いです。
もっとも、こんなご時世ですからリピートしている生徒も何人かいるでしょうが、
野球観戦未経験の生徒がまず体験することが意義あることだから
少しだけ先行った人は初めての時の気持ちを思いだしてあげてほしいな。

[PR]
by capricciosam | 2013-05-11 15:35 | ファイターズ | Comments(0)


<< 札幌交響楽団第559回定期演奏... 金ではなく鉄として@岩波書店 >>