札幌交響楽団第559回定期演奏会@Kitara2013

1 テーリヘン ティンパニ協奏曲
2 ブルックナー 交響曲鯛盤ホ長調(ハース版)

尾高&札響によるブルックナー演奏では2003年7月にPMFの一環で行なわれた
交響曲第9番を聴いたことがあった。
当時は久しぶりのブルックナー演奏なので随分期待して出かけたのだが、
残念ながらアンサンブルの乱れが演奏全体に見られ、およそ感興に乏しく、
ブルックナー演奏はこのコンビにはまだ早いのではないか、とさえ思ったものだった。

あれから10年。
しかも、今回演奏される第7番は、配布された資料によれば札響としても尾高監督のもと
2000年7月に演奏(これもPMFの一環だったはず)して以来ということだから13年ぶり。
例えば度々取り上げられるマーラー等に比べると随分取り上げられてこなかったものだ。

7番を聴くと、第一楽章のチェロを中心とした息の長い主題から、大きな波のうねりの中で
身を任せているかのごとき感覚に陥ってしまう小生としては、ほとんどステージを見ずに
気持ちを集中させて演奏に耳を傾けていた。
第1楽章、第2楽章までは素人にも分る乱れもなく、素晴らしいの一言。
恰幅の良い、堂々たるものだが、アダージョでの深い感情表現も印象深い。
第3楽章、第4楽章では、長大な2つの楽章を終えて緊張の糸がゆるんだのか、
若干のアンサンブルの粗さを感じたが、それでもほとんど気にならない。
ライブ盤として発売してもらいたいくらいだった。
「10年一昔」とは言うものの、この間の尾高&札響の円熟ぶりを感じた。

最初に演奏されたティパニ協奏曲は札響初演とのこと。
と言うよりもティパニがソロを務めるという驚きと珍しさがある。
配布された資料にあるとおり「驚くほど多彩な音色、独特のハーモニー」が
打楽器首席の武藤さんの変幻自在な演奏で楽しめた。

昼公演。
Pブロックに空席がめだったが、8~9割の入りか。
c0007388_22291028.jpg

[PR]
by capricciosam | 2013-05-18 22:19 | 音楽 | Comments(0)


<< 探偵はBARにいる2-ススキノ... 大谷翔平札幌ドーム初打点を目撃... >>