探偵はBARにいる2-ススキノ大交差点@映画2013

ご存じ「探偵シリーズ」第2弾の登場。
原作はシリーズ5冊目の「探偵はひとりぼっち」。
c0007388_22131093.jpg


<ネタバレがありますので、ご注意ください>

人気者のオカマのマサコちゃんが殺された。
義憤に駆られた俺が調べていくうちに、マサコちゃんは札幌を地盤とする大物代議士と
過去に愛人関係にあったらしいことが浮かびあがる。
しかも、殺害現場には当夜代議士が送ったと思われるバラの花束が落ちていた…

という設定。これ自体は意表をつき、良い構成だと思う。
しかし、その犯人捜しが終盤あっけなく解決する。そう、あっけなく、だ。
そして、「なるほど」という納得感よりも、肩すかしでも喰らったような感じが残り、
ちょっと竜頭蛇尾じゃないの、と注文のひとつもつけたくなってしまった。

以前、シリーズの前作を観た感想の中で

>ミスリード役

ということを書いたが、今回のその「ミスリード」役はその大物代議士。
この点は映画も原作に忠実に構成していた。
原作でも著者は読者を大きくミスリードしていき、急転直下犯人が割れる。
犯人は味方と思われていた端役的存在で、動機は嫉妬だけ。
この辺も映画は踏襲している。
もちろん、こういう結末のつけ方もあろうが、原作を読んだ時に感じた
著者だけ先を行って、読者が置き去りにされたような、なんとも中途半端な感情は
映画を観ても残ってしまった。別に深刻ぶれとは言わないが、なんか端折り過ぎ。
この点は原作を読まずに映画を観ると、小生同様の感情を抱く人もいるのではないか、
と心配する点。もちろん、気にならない人もいるだろうが…

さて、2作目では「作り手のやり過ぎ」が目立ったのはいただけない。
例えば、マサコちゃんが殺された後に、俺が女にうつつを抜かすエロ場面。
大倉山ジャンプ台で俺がジャンプして無事着地するシーン。(素人には無理だ)
喫茶モンデのウェートレスの露出ぶりと、しつこい繰り返し。
市電やトムボーイズ・パーティーでのしつこいくらいの乱闘シーン。
市電と言えば、その乱闘の最中に何故か上半身裸になってしまった女性。
右翼の突撃銃と俺の拳銃での撃ち合い。(あれだけ撃てば、どっちか撃たれているよ)
高田の愛車のエンストの多発。(あれだけ頻繁なら、まともに走れそうにはない)

上記の1作目の感想で

>演出での工夫に注文をつけるとすれば、観客の想像力に託して「絵」として
>見せすぎないほうが深みを与えたのではないかと思えたシーンもいくつかあった点だ。

と書いた。1作目では、東映タッチがかなり抑制されていて(チラッと見えた程度)、
次回作にまだ期待を込めていたが、残念ながら2作目は全編に溢れていた。
どうしてこうなるんだろうね。特に、エロい場面は明らかに過剰。
それでも、観る者をどんどん引きつけるものならばあきらめるが、逆にチープ度が増し、うんざり。
プログラムピクチャー的な安易な制作態度にも感じたのは、「シリーズ」ものだからなのか。
それとも大泉洋という異色のキャラへの安易な依存なのか。
恐らく興行的には成功の部類だろうから、第3弾も作られる可能性はあるのだろうが、
制作側には「過ぎたるは及ばざるが如し」というシンプルな言葉も思い出してもらいたいものだ。
適度に抑制された1作のタッチをさらに深めてほしかった。

現代の札幌を舞台にしているだけに、期待を込めて、今回はあえて辛口に。
ただ、主人公を巡る女性として原作の「春子」ではなく、マサコちゃんには妹がいたという
設定にして、大通り公園での代議士の集会での依頼者の暴走を防ぐという演出はウマイ。
その後の病室のシーンでは原作者が入院患者として登場して、思わずニヤリ。
こんな遊びは歓迎です。3作目にはどんなシチュエーションで登場するのでしょうか。
c0007388_22523730.jpg

<追記>
大倉山、市電、Kitara、大通り公園となじみの場所が多かった。
その上、上田市長も再登場。1作目では後ろ姿でチラッとだったのが、今度は正面から。
あの大通りの場面は、上空から集会が2つ写っていたのですが、
ロケの集会ではないほうには偶然小生もいました。その時の記事はこちらです。
あの時、やけにヘリが何回も旋回しているな、と思っていたのですが、
上空から撮っていたんですね。だから、小生もエキトラと言えば言えるのかな!?
もっとも本人すら確認できないので単なる風景に過ぎないか。
写真は集会に向かう途中、偶然ロケ現場を通った時のものです。
c0007388_0133927.jpg

[PR]
by capricciosam | 2013-05-21 22:52 | 映画 | Comments(0)


<< 大谷翔平札幌ドーム初登板を目撃... 札幌交響楽団第559回定期演奏... >>