札響ザ・プリンシパルズ@Kitara2013

順に次の5曲が演奏された。

1 尾高尚忠 フルート協奏曲  独奏:高橋聖純
2 モーツァルト クラリネット協奏曲  独奏:三瓶佳紀
3 グレンダール トロンボーン協奏曲  独奏:山下友輔
4 モーツァルト オーボエ協奏曲 独奏:金子亜未
5 ラヴェル ボレロ

最後のボレロが終わって、一旦袖に引っ込んだ尾高監督がマイクを持って登場。

「この仕事をはじめて42年になりますが、自分のオケの首席奏者を
ソリストにした協奏曲だけで構成した演奏会というのは、実は初めてなんです。
そして、彼らがいなくても(札響はボレロのような)これだけの演奏ができちゃうんです。」

もちろん、会場からは盛大な拍手の嵐となったのは言うまでもない。

今回の演奏会は夏の特別演奏会として企画された。
題して「ザ・プリンシパルズ-札響管楽器首席奏者たちとボレロの祭典」。
近年の札響の実力向上の一端を担う要因のひとつに若手首席奏者の台頭が
挙げられると思うが、オケの中で時々ソロをとる場面はあっても、
ソリストとして聴く機会は案外ないもの。まして、まとまってなんて想像もつかない。
小生の聴いた札響演奏会では、今年5月定期で打楽器首席を聴いたくらいしか記憶にない。
それだけに、札響に関心をもってもらい、もっとファンになってもらう絶好の機会と
なったのではないか、と思う。良い企画だった。
ある面、企画の勝利と言っても過言ではないと思う。

いずれのソリストの演奏も楽しく聴かせてもらった。
1の曲自体初めて聴いたが、第2楽章レントのなんと魅力的なことか。
この旋律から思い浮かんだ言葉は「ふるさと」だったが、日本人の心の内をくすぐる
豊かな抒情を感じた。この曲はもっと知られてよい曲だと思ったが、
高橋さんの丁寧なソロはこの楽章含めて見事に描写していたと思う。
尾高監督が、この曲を取り上げてくれたことに対してなんだろうが
「尾高家を代表してお礼を言います。」と言っていたが、演奏そのものも佳演だった。

2は有名曲だけに演奏するほうとしては逆に難しさもあるのだろうが、
会場の盛大な拍手が演奏そのものの成功を物語っていたと思う。
三瓶さんのお人柄は知らないが、性格が反映されたかのような模範的な演奏だったと思うし、
安心して聴いていられるものだった。

3は尾高監督も「僕たちは初めて演奏したんだけれど、トロンボーンでは有名なんだって」と
山下さんに聞いていたが、確かに聴き応えのある曲だった。
トロンボーンのソロはJAZZで聴く程度だったので、こんなシャウトする楽器とは意外だった。
尾高監督が山下さんに初めて会ったのは、山下さんがまだ学生だった7年前らしいが、
「まさか、札響に来てくれるとは」と再会を喜んでいたのが印象的。

4のソロを務めた金子さんは、今回登場した首席奏者の中では一番若い23歳。
2同様有名曲だったが、カデンツァも含め楽しませてもらった。
尾高監督が「カデンツァは自分で作ったの」と聞いたら、
「自分で作って作曲家に手を入れてもらいました」と正直に答え、会場の笑いを誘っていた。
素敵なカデンツァでした。

最後はいろいろな楽器がソロを取りつつメドレーしていく、ご存じ「ボレロ」。
1~4で登場した首席奏者がオケに入るのかな、と思ったら、加わりません。
それでも、不在を感じさせないソロが次々に聴かれましたから大したものです。
各楽器がソロをとりつつメドレーしていく醍醐味はいつものことながら、
今夜は、特に小太鼓が正確にリズムを刻みリードしていく重要さを再認識させられました。
改めて、小太鼓にブラボーです。

終演は午後9時20分。
使用しなかったPブロック以外はほとんど空席は目立たず。
制服を着た若者も目立ちましたが、こういう企画をきっかけにファン層が拡がらんことを。
c0007388_2343287.jpg

[PR]
by capricciosam | 2013-07-05 23:43 | 音楽 | Comments(0)


<< PMFオーケストラSプログラム... ロベール・ドアノー展@札幌芸術... >>