東京都交響楽団札幌特別公演@Kitara2013

はじめにベートーヴェンのヴァイオリン協奏曲ニ長調。
長大な第一楽章で繰り返し提示される親しみやすい主題と雄大でありながら
穏やかな雰囲気が感じられるこの曲には、へたな熱情を前面に出して突っ走られるよりは
むしろ落ち着いて、堂々と歌ってくれた方が曲想に叶っているのではないか、と思う。
演奏前にソリストの三浦文彰さんの年齢が20歳とわかった時、一瞬頭をよぎった懸念は、
曲が始まってまもなくどこかへ行ってしまった。
年齢を感じさせぬ、実に堂々たる演奏で、弾ききった途端盛んにブラボーがとんでいた。
カデンツァはクライスラー版だそうだが、小生にはいまひとつピンとこなかった。

ソリストアンコールはJ・S・バッハの無伴奏パルティータ第2番よりサラバンド。
この時指揮者のコバケンさんは第2ヴァイオリン首席のイスを半分譲ってもらい、
耳を傾けていたのが、なんとも微笑ましかった。

休憩後はブラームス交響曲第4番ホ短調。
ベートーヴェンではソリストに寄り添うような、慎重な指揮に終始したコバケンさん。
しばらく実演に接していないので、指揮スタイルも変えたのかな、と思ったが、
後半では指揮者の前の譜面台は除かれ、暗譜。
指揮も膝を曲げて、上体を前屈みにした姿勢でほぼ一貫し、
前半とは一転した実に熱情溢れる姿でオーケストラをグイグイ引っ張る。
おまけに、途中からは例のうなり声がホール全体に響き渡る訳だから、コバケン節炸裂。
しかし、オケもよく反応して、聴き応え十分なブラ4だった。
ところが、これ以上のコバケン節のサプライズが待っていた。
アンコールはブラームスのハンガリー舞曲第5番だったが、
途中でオケの演奏を止めたことが分る「ため」を作ること3回(3回目は何秒あったのだろう)。
こんな超個性的な5番は初めてだったが、途中で思わず声を出さずに笑い出してしまった。
実に愉快だ、とでも言うのだろうか。

最後に、都響について。
最近では毎年この時期に来札して演奏会を開いてくれる。
実演に接したのは2005年2011年に次いで3回目となるが、
その充実したサウンドに毎回満足度は高い。
恐らく、札幌でも来演を楽しみにしている固定的なファンも多いのではないだろうか。
在京オケを聴く数少ない機会としても、ぜひ継続してもらいたいものだ。
c0007388_22321176.jpg

<蛇足>
都響が設立されたきっかけは1964年の東京オリンピックということは知っていましたから、
2020年の東京決定後だけに、今回のタイミングではアンコールは東京オリンピックがらみ
と期待したのですが、これは見事予想がはずれました(笑)
[PR]
by capricciosam | 2013-09-15 22:32 | 音楽 | Comments(0)


<< 札響名曲シリーズVol.3@K... 2020年東京オリンピック開催... >>