札響名曲シリーズVol.3@Kitara2013

演奏されたのは以下の曲。

1 ベートーヴェン 交響曲第6番ヘ長調「田園」
2 ドヴォルジャーク スラブ舞曲集作品46

タイトルに「エリシュカの田園」とあるとおり、田園的情景を感じさせてくれる名曲で
構成。一般的に通俗的な名曲として知られているのはどちらかと言えば1>2なのだろう。
確かに、昨年の名曲シリーズで古典にも並々ならぬ腕を披瀝したエリシュカさんだけに、
1とて悪いはずはないと期待してでかけたものの、正直やや半信半疑であった。
でも、それは杞憂に終わった。
太い絵筆でしっかりと骨格を描くが、決して粗略ではなく、細部にも神経の行き届いた
滋味深い味わいが感じられ、札響も指揮によく反応していたと思う。
極上まではいかずとも、上の部類に入る演奏だったのではないか。

休憩を挟んだ2が実は本日のお目当て。
普通アンコールピースとして聴かれることが多いものの、作品46全8曲を
まとまって聴く機会はなかっただけに、ドヴォルジャークで名演を紡いできた
エリシュカさんの腕に期待大だった。

第1番から第8番まで順に演奏されたが、独特のリズムに加え、
一瞬のためを置いて炸裂するような演奏がエリシュカさんならでは。聴き応え十分。
ダイナミックに演奏される様に、やはりエリシュカさんの田園はこっちなんだな、
と一人納得。これが本場の解釈としたら、所有するCDのなんと平板なことか。
9割ほど入った会場からは万雷の拍手が送られ、アンコールが始まった。
ドヴォルジャーク 弦楽セレナーデより第一楽章。
好きな作品ながら、これはあきらめていただけに望外の喜び。
スラブ舞曲で興奮した身体をやさしく慰撫するがごとき、見事なクールダウン。
客電がつくまで拍手が続きました。
c0007388_22174384.jpg

[PR]
by capricciosam | 2013-10-05 22:17 | 音楽 | Comments(0)


<< 札響第563回定期演奏会@Ki... 東京都交響楽団札幌特別公演@K... >>