オケの応援合戦@ワールドシリーズ2013

秋も深まり、近所や街中のイチョウもきれいに色づきました。
イチョウが色づくと秋も終盤に近づいたな、といつも感じます。
c0007388_2313915.jpg

さて、日本シリーズ第5戦は星野監督じゃないけれど、「しびれる」試合でした。
辛島が押さえ、勝ち投手の権利を手にして5回で降板。
6回からは中4日で則本が登板しました。3人を三振で押さえる場面もあり、
第1戦の投げっぷりと重なって見ていたのですが、
9回裏にはついに同点に追いつかれ、今年のシリーズ初の延長に。
並の投手ならここで落胆し、降板しかねないのですが、彼のメンタルは強い、強い。
10回表楽天が2点を追加すると、その裏を押さえて見事勝利です。
恐るべき強心臓。度胸の良い新人ですね、まったく。
これで楽天が王手をかけてホームの仙台に戻ります。
明日の第6戦の先発はマー君VS菅野で、これは予想どおりなのですが、
見所はマー君VS巨人打線ですね。
マー君が再び押さえ込むのではないか、と期待して楽しんでます。
頑張れ!マー君!!
頑張れ!イーグルス!!

一方、米国では一足先にメジャーの結果が出ました。
日本シリーズと違って、新聞やニュース程度しか見てませんが、
上原浩治、田沢純一両投手が所属するボストン・レッドソックスが、
セントルイス・カージナルスを破り、なんと本拠地で95年ぶりに優勝を決めました。
案外、本拠地で決めるというのは難しいものなんですね。
最終回マウンドに立っていたのは上原投手。
歓喜の輪の中で人差し指を立ててナンバー・ワンをしていたのが印象的でした。
連投ですからね、お疲れ様でした。
ゆっくり休んで来シーズンに向けて疲れをとってください。

ところで、両チームのホームには米国でも有数のオーケストラがあります。
ボストン交響楽団とセントルイス交響楽団です。
各々のオケの管楽器メンバーが、それぞれの地元チームを応援する動画なのですが、
なかなかどうして、張り合いぶりは雰囲気たっぷりです。
日本なら、さしづめ読売日響対仙台フィルといったところでしょうか。

短期間に話をまとめ、作り上げたのでしょうが、良い感じで盛り上げていて、うまいものです。
ところどころ音のつなぎが悪くなるのは、ご愛敬というもので、企画自体は良かったですね。
そして、ボストン側には、なんと小澤征爾さんが飛び出してきて、ビックリ。
以前観た音楽監督時代のドキュメントにも、フェンウェイパークで応援している姿が
ありましたから、ファン歴は相当長いのでしょう。


「ボストン交響楽団の音楽監督を長年務め、熱狂的なレッドソックスファンで知られる
世界的指揮者の小澤征爾氏(78)が第1、2戦に続いて、ネット裏のVIP席で観戦した。
第1戦の試合前に上原、田沢の日本人コンビと対面。この日も「彼らに会えて、本当によかった。
いい思い出になった」と話していたそうで、歓喜の瞬間に立ち会い、感慨深げだったという」
(以上、10/30スポニチより引用)

多忙な方だから、これを録画したあとは結果を見ずに帰国したのかな、と思っていたのですが、
なんと、なんと滞在して結果まで目撃したとは恐れ入りました。筋金入りですなぁ~。

<蛇足>
優勝したレッドソックスは前年はア・リーグの最下位。
この結果に、来年のファイターズ優勝も可能性はない訳ではないな、と
強く思うファンがここに約1名おります、ハイ。
えっ、条件や環境が違う?!そのままあてはまる訳がない?!
いいじゃないですか、都合良く考えたいのがファン心理というものですよ(笑)
[PR]
by capricciosam | 2013-10-31 23:34 | 時の移ろい | Comments(0)


<< さようなら、岩谷時子さん 第7回北海道現代具象展@千歳市... >>