パーヴォ・ヤルヴィ&ドイツ・カンマーフィルハーモニー管@Kitara2013

当日演奏された曲は下記のとおり。

1 ベートーヴェン 歌劇「フィデリオ」より序曲
2 ベートーヴェン 交響曲第4番変ロ長調
3 ベートーヴェン 交響曲第3番変ホ長調

パーヴォ・ヤルヴィさん(以下「ヤルヴィさん」という。)がKitaraに登場するのは
2012年5月のフランクフルト放送交響楽団演奏会に続き2回目、2年連続。
そして、ドイツ・カンマーフィルハーモニー管弦楽団は初登場。
ヤルビィさんとのコンビでは道内初上陸かというと、実は2回目ということになる。
数年前に函館市だけで演奏会を開いており、当時検討したものの結局行けなかった。
そう言う意味では期待も高かった訳だ。

カンマー(Kammer)とはドイツ語で「小部屋」を意味するらしく、
Kammermusikは「室内楽」、Kammerorchesterは「室内オーケストラ」となる。
その点で音量不足も若干心配したのだが、これは杞憂に終わった。
1から彼らの「やる気」がビシバシ伝わってきて、実に活きのよい音がする。
音量にもなんら不足を感じることはない。

ヤルビィさんの指揮ぶりはフランクフルト放送響との印象と変わらないのだが、
よりアクションを大きくとって、アグレッシブにオケを挑発して引っ張っているようだった。
オケとの意思疎通ぶりがより融通無碍な感じ、とでも言えば良いのだろうか。
また、これに応えるオケも「待ってました」とばかりに鋭敏に反応するから、
おもしろくならない訳がない。
強弱を盛んにつけつつ、速いテンポを維持しているので音楽が活き活きとしてきて、
まるで立体的に立ち上がるかのような思いがした。
それは2、3と進むにつれ、益々高まっていくようで、見事な大団円を見る思いだった。
オケの金管楽器やティンパニは古楽器のようで、モダン楽器だけで磨き抜いたような音
ではなく、ややくすんだ、ゴツゴツとした響きがなお一層その味わいを深くしたかもしれない。
久しぶりにワクワクしたベートーヴェンを聴かせてもらいました。

客の入りとしては6~7割と空席の目立つ大ホールでしたが、
熱い拍手に応えてアンコールは2曲。
4 ブラームス ハンガリー舞曲第1番
5 シベリウス 悲しきワルツ

4は少し編曲があったようにも感じましたが、どちらも素敵でした。

ちなみに、札幌公演は日本ツアー初日でした。
彼らのHPによれば、名古屋、横浜、武蔵野、横浜と続きますが、
横浜の2公演はともに歌劇「フィデリオ」の上演です。
c0007388_2353275.jpg

[PR]
by capricciosam | 2013-11-21 23:53 | 音楽 | Comments(4)
Commented by zephyr at 2013-11-24 00:21 x
カンマーフィルのベートーヴェンは、リリース時にSACDにしては安価だったせいもあり、ノン・ヴィヴラート奏法への興味から買い続けていましたが、私も昨年のFRSOとの時は体験できたのですけれど、毎年11月頃になると決まって持病が悪化するので今回は行けませんでした。 状況が窺い知れて感謝です。 P・ヤルヴィ氏の活躍は初旬のパリ管とのツアーでも好評だったようでしたのに、札幌での客入りは予想以上に芳しくなかったのですね。 アンコール紹介して下さった「悲しきワルツ」、カンマーフィルだとどんな響きになるのか、ちょっと想像がつかないのですが、今の季節に聴かれると、また情緒も格別だったのではと思います。
Commented at 2013-11-24 00:25 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2013-11-24 00:28 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by capricciosam at 2013-11-26 00:07
zephyrさん、コメントありがとうございます。
お加減はいかがでしょうか。お大事になさってください。
>札幌での客入りは予想以上に芳しくなかった
残念なことにそうでしたね。春のサロネン&フィルハーモニア管も同様でしたから、一般的に名声のあるオケでないと札幌は厳しいのかな、とやや悲観的になりました。
>「悲しきワルツ」
アグレッシブな演奏をする彼らですが、決して一本槍ではありません。
実にしっとりとクールダウンさせてくれました。また、ヤルヴィさんが腕を下ろしきるまでの大ホールを覆った数秒の静寂には身震いしそうでした。数は少ないものの聴く耳を持った聴衆が集まっていたようです。
>恐るべしMUZAの2CBブロック、恐るべしBph.のフルセットでの音圧!
ラトル&ベルリン・フィルはtwitterのTL上でも相当な評判でしたが、耳鳴りがしたとは!?なんとも凄まじいハルサイだったのでしょうね。感動とオケの様子に、なにやらこちらまで嬉しくなってきます。おまけにサロネンとの比較まで教えていただき、ありがとうございます。ミューザ川崎が再開し、「ベスポジ」で再び楽しまれることができるようになりご同慶の至りです。


<< おかげさまで9周年 新語・流行語も長い歴史があるんだね >>