ベルリン・バロック・ゾリスデンwithエマニュエル・パユ@Kitara2014

演奏されたのは次の曲。

1 C.P.E.バッハ:シンフォニア ロ短調
2 パッヘルベル:カノン ニ長調
3 J.S.バッハ:ブランデンブルク協奏曲第5番ニ長調
4 テレマン:フルート協奏曲 ニ長調
5 J.S.バッハ:音楽の捧げものより6声のリチェルカーレ
6 J.S.バッハ:管弦楽組曲第2番ロ短調

ベルリン・バロック・ゾリステンはBPhのHPにも紹介されている室内楽アンサンブルだが、
ヴァイオリン、ヴィオラを中心に約半数がBPhメンバーらしい。

彼らはチェンバロとチェロ以外は全員立ったままで演奏していたが、
曲によって編成や立ち位置を次々に変える自在さが見てて楽しい。
また、奏でるサウンドは古楽の響きなのだが、ゴツゴツした感じはなく、
あくまでも艶やかで磨き抜いた、ある意味モダンでゴージャスな気配を感じた。

1と2はベルリン・バロック・ゾリステン12名だけによる演奏。
有名曲の2なんてこんな小さな編成で聴いた記憶はないが、楽しい。
3からエマニュエル・パユ登場。
しかし、あくまでもアンサンブルの一員として吹いている感じで、見事溶け合っている。

彼のソリスティックな音色は休憩後の4から。
4楽章10分程度の小品ながら、聞き惚れてしまった。
やはり、ソロとして位置づけられる曲でこそ彼の魅力全開。早くもブラボーがとんだ。
5は一旦ゾリステンだけの演奏で、各楽器が次々に主題を奏でていくカノン形式。
これは見て聴くことでCDより数段楽しい。
6で再びパユ登場。
この曲がフルートを合奏の中心に据えているだけに、パユが全身を使って
アンサンブルをグイグイ引っ張るのだが、圧巻だった。

鳴りやまぬ拍手に応えて、パユが達者な日本語でアナウンス。

「ありがとうございます。(拍手)アンコールは C.P.E.バッハ、フルートコンチェルト、
アレグロ・ディ・モルト、です。(拍手)」

書いてみるとこんな感じですが、これは受けましたね。
と言うわけでアンコールは

7 C.P.E.バッハ:フルート協奏曲ニ短調第3楽章よりAllegro di molto

アレグロというくらいだから、凄く速いテンポでフルートを弾くパユ。
圧倒されました。
c0007388_2358484.jpg

<追記>
プログラムを最初見た時は、なんとも総花的な構成だなと思ったものの、
終えて見るとフルートというか、パユを中心に盛り上げていくナイスプログラミングでした。
Pブロックと、LA、RAブロックの半分は販売されなかったようですが、客の入りは8割程度か。
それから小生はすぐ帰ったのですが、演奏会後のサイン会はかなりの人が並んでいた。
列の先には全メンバー分の席が用意されていて、こんなの見たのは初めてだった。

今回のツアーは2/25札幌、2/26東京、2/27大阪、2/28熊本の4ヶ所だけのようです。
[PR]
by capricciosam | 2014-02-25 23:58 | 音楽 | Comments(0)


<< 便利なTwilog 作品はどうなるんだろう >>