便利なTwilog

記事も更新せぬうちに、3月も早や中旬。
今週は下旬に突入する訳で、時はどんどん過ぎ去ります。
さぼっているうちにどんどん進んでいく感じですね。

この頃は専らtwitterばかりです。
ツィートもほぼパターン化していて、目覚めてひとつぶやきした後は、
平日勤務中は休憩中にTLを眺めてリツィートする以外はつぶやきはしない主義。
それで帰宅してからつぶやきを再開します。でも、つぶやかない日もありますので、
リツイートを多目にする傾向になってからでも、実際のつぶやき数としては少ないでしょうね。

こんな按配なのですが、リツイート含めて2500余りとなったのでチリツモだな、と驚いていました。
でも、「最初のつぶやきはなんだっけ?」とか「あの件で当時なんてつぶやいてたんだろう?」
となると、ブログと違い、ツィッターの画面では振りかえるのが大変であきらめていました。

でも、そんな時は「Twilog」という強い味方があることがわかりました。
c0007388_1729021.jpg

今日やってみましたが、めんどうな操作もなく、簡単にできました。
過去のデータ取得にはさらにワンクリック。
お陰で久しぶりに始めた当初の様子が分かりました。
どうやら認証がスムーズにいかなかったようで、不安気味ではじめたようです。
もうすかっり忘れていました。

その他、

・Twitter歴813日(2011年12月25日より)

こんなデータもあったのですが、「へぇ~、もうそんなに経ったのか」という感慨がありますね。

・3.1件/日

平均データは案の定少ないのですが、これとてリツイートを含んでいるのでしょうから、
本人のつぶやきとしては、さえずりの極めて少ないタイプということになりますね。

画面には「1年前の今日のツイートを見る」というのがあり、
「一年前の今日に何をつぶやいたか」が、わかるようになっていました。
さっそくクリックしてみると、次のようなつぶやきをしていました。
c0007388_17482393.jpg

そうでした。手術のため少し入院して退院した翌日でしたが、すっかり忘れていました。
それ以降患部の異常はないのですが、当時はこのせいで結構ジタバタしていたので
健康に過ごすということは改めてありがたいことですね。感謝です。
[PR]
by capricciosam | 2014-03-16 17:54 | 時の移ろい | Comments(0)


<< PCルームなんて概念自体が旧いのか ベルリン・バロック・ゾリスデン... >>