札幌交響楽団第570回定期演奏会@Kitara2014

尾高音楽監督の札響ファイナルシーズンの最初の定期演奏会で演奏されたのは

ヴェルディ レクイエム

のみ。約80分。休憩、アンコールなし。

これまで尾高さんの指揮する声楽曲の中でレクイエムを聴いたのは2006年定期の
「ドイツ・レクイエム」
だけだが、あの時よりは余程感興豊かな余韻が残った。
共通しているのは劇的表現に意を尽くしているな、ということなのだが、
ブラームスの作品はむしろ生き残った者へのなぐさめに通じる静謐さこそが曲の心髄
と考えるため、その指向性には少々違和感を感じたものだった。
その点、ヴェルディの作品は宗教曲らしからぬ豪壮にして力量感に満ちた作品としての
性格ゆえか、劇的表現こそがふさわしい。
また、独唱、合唱もそれ相応の表現の力量が求められるのは言うまでもない。

その点、今回は有名な「怒りの日」の前の、冒頭の「Requiem&Kyrie」だけでも
独唱、合唱含めた演奏が満足すべきレベルにあることがわかり、安心して聴き通す
ことができた。指揮、オーケストラ、独唱、合唱が一体となった名演だったと思う。
オペラの人ヴェルディが作曲したことを意識すれば、もっと劇的表現に装飾をほどこす
ことは可能なのだろうが、尾高さんの指揮はあくまでも宗教曲として踏みとどまろう
とするかのようにバランスのとれたもので、至極真っ当な解釈だったのではないか。
もっとも、これは評価の分かれるところかもしれない。

それから、やはり特筆すべきは独唱と合唱の出来のすばらしさだ。
粒揃いとはまさにこのことか。記して敬意を表したい。

独唱 安藤赴美子・ソプラノ   加納悦子・メゾソプラノ
    吉田浩之・テノール    福島明也・バリトン

合唱 札響合唱団・札幌放送合唱団・ウィステリアアンサンブル・どさんこコラリアーズ

「ドイツ・レクイエム」の時同様、合唱団もステージ上に配置されていたが、
P席配置に比べ圧倒的に演奏との一体感が増す。これも功を奏したのではないか。
録音されていたので、後日放送されるのだろうか。
c0007388_23353371.jpg

<追記>
配布された資料をみると、札響がこの曲を前回演奏したのは11年前の2003年6月。
これは札幌アカデミー合唱団による創立20周年記念コンサートで、指揮は井上道義さん。
演奏後のステージで井上さんが合唱団を指導する永井征男さんに
「記念だというのに、どうしてレクイエムなの」と聴いて会場に一瞬笑いが起こったのが
記憶にあります。ホント、井上さんはお茶目だな。
癌治療中の井上さんですが、快癒され、指揮台復帰を祈りたいです。
c0007388_7225277.jpg

[PR]
by capricciosam | 2014-06-28 23:36 | 音楽 | Comments(0)


<< PMFベルリンフィルハーモニー... 存在の美学@札幌芸術の森美術館... >>