札幌交響楽団第571回定期演奏会@Kitara2014

演奏された曲は以下のとおり。

1 ジョン・ウィリアムズ 組曲「スター・ウォーズ」
2 早坂文雄 交響的組曲「ユーカラ」

下野さんが前回登場したのは2年前の第547回定期演奏会
その時はプレトークでプログラムをどう作っていくか、という興味深い話を披露してくれた。
ソリストとソリストの演奏する曲が先に決まっているという話でしたが、
今回はソリストなし。と、なれば下野さんのアイデアで構成されたということなのか。
そしてキーワードは「映画音楽」と「組曲」か。
それに、北海道ゆかりの作曲家の「生誕100年記念」がサブテーマとなるのかな。

今シーズンのプログラムを眺めて、8月定期が5月定期ほど興味が湧かなかったのは
同じ日本人作曲家でも伊福部昭に比べ、早坂文雄の作品はなじみが薄いためだった。
それ故、今回は逡巡したが、前回も結果的には良かった下野さん指揮だけに足を運んだ。
同じように悩まれた方もいたようで、空席が目立ち、入りとしては6~7割か。
ただ、こういう試みはプロオーケストラとしてはぜひ挑戦してもらいたいし、その心意気を感じて
音楽の視野を広げる気持ちを持って、足を運んで札響を応援したいものだ。

また、今回の2曲について札響が過去どれくらい演奏しているか、という点が両者の性格を
端的に示している。1は133回。直近では今年3月。現団員で演奏していない者はいない訳だ。
一方、2は抜粋演奏のみ2回(それも約45年前に集中している)で全曲演奏は札響初演。
現団員で前回演奏した団員なんて皆無だろう。
つまり、演奏する上での勘も有り、無しにはっきり分かれる。
また、同じ組曲といっても、一方は聞けば映像が浮かぶ映画音楽そのものの組曲であるのに対し、
片方は映画音楽ではない純音楽としての組曲なのだから、並列に扱うには抵抗がある。
そういう意味では、先に甘い薬を飲ませて、後で苦い薬を飲ませるような「たくらみ」を感じた。

事実、2は標題から連想される土俗的イメージなど感じさせない、抽象的、観念的な音が
形式感もなく連なっていくという印象で、聴く側にも集中力とイメージを膨らませる努力が必要。

「6つの曲から構成され、それぞれの曲にはアイヌの叙事詩にもとづく副題がつけられているが、
叙事詩を描写するのではなく、抽象化され透徹した精神世界を厳しく構築している。自由な無調、
変拍子のリズム、絵巻物風の構成が聴きものと言えるだろう。」
(会場で配布された資料より)

これを「おもしろい」ととるか、「退屈」ととるかは評価が分かれるところだと思う。
ただ、下野さんの迷いのない指揮で札響自体は熱演だったことは間違いない。
拍手に応えて、下野さんが楽譜を持ち上げ、さらには一歩下がって楽譜に向かって
拍手していたのが印象的だった。
録音はされているようだったが、こういう珍しい曲だけにライブ盤でリリースされたら
それなりの反応が全国であるのではないか。

1はCDとしてはメータ&ロサンジェルス・フィル盤が有名だが、メンバーも増やし、
さらに金管楽器が大活躍して遜色ないサウンドとなった。
実演でこれだけの演奏がきけたら満足というものだ。

しかし、下野さんの演奏会は企画が凝ってるね。変化球で翻弄された気分。
札響にはまた登場していただきたいが、たまに直球で聴いてみたい気分も。
c0007388_2037972.jpg

[PR]
by capricciosam | 2014-08-30 20:37 | 音楽 | Comments(0)


<< 武蔵野音楽大学管弦楽団演奏会@... PMF2014を振り返って >>