台北市立交響楽団@Kitara2014

【プログラム】

1 チャイコフスキー 歌劇「エフゲニー・オネーギン」よりポロネーズ
2 チャイコフスキー ピアノ協奏曲第1番変ロ短調
3 チャイコフスキー 交響曲第6番ロ短調「悲愴」
<アンコール>
6 日本唱歌「赤とんぼ」
7 台湾民謡「高山青」
8 チャイコフスキー 「くるみ割り人形」よりトレパック

北海道に暮らしていたら道外のオーケストラの演奏を耳にする機会は限られますが、
それ以上に限られるのが海外のオーケストラです。
中でもアジアのオーケストラとなると、極めてまれです。
近年の北海道観光の主力は海外からのお客様、中でも台湾や中国、韓国のアジア系。
しかし、ことクラシックになると、ソリストを除けばこれらの国のオーケストラの演奏会を
聴くことなんかめったにない訳で、近年では2007年PMFに「フィルハーモニア台湾」が
来札しただけです。その時の記事はこちらです。
あの時はメインがラフマニノフでしたが、今回はオールチャイコフスキー。
偶々なんでしょうが、「台湾のオケはロシアものが得意なのか?!」
なんて勝手に思ったりしていました。

開演時間になりオーケストラのメンバーがステージに登場すると、
フルート、オーボエ、クラリネット、ファゴットの木管楽器全員とコントラバス全員が女性。
その上、チェロも10名中9名が女性。しかも比較的若い感じ。これには少々驚きました。
札響にも若い女性奏者はたくさんいらっしゃるのですが、さすがにパート全員とはね。
一方の男性ですが、弦楽器に多かったようでした。
また、興味深かったのが2の際のチューニングの時。
コンマスがピアノの鍵盤をたたいのでオーボエがAの音を真っ先に出すと思ったら、
フルートが大きな音を出し、ほとんど同時に各楽器が一斉にチューニングを始めました。
札響等で目にする段取りと違い、少々面食らいました。
これまでの海外オケでもこんな光景は思い出せないのですが、お国柄なのか、よくあることなのか。

「アンサンブルは大丈夫か?!」
なんてチラッと頭をかすめましたが、各パートとも終始安定した演奏で、
素人にわかるようなアンサンブルの乱れは感じられません。
しかも、強奏の迫力も十分で、音が混濁することもなく、明るく、ライトな響きは素敵で
何やら新鮮な思いを抱きました。
特にその思いを一層強く感じたのは8を聴いてからです。
というのは、小生の中のこの曲の実演のベストはゲルギエフ&キーロフ歌劇場管。
あの濃厚でパワフルなサウンドと比べてしまうので、よけいそう思いました。
(その時に触れた記事はこちらです。)
つまり、明るく、ライトという点は音の密度に乏しい響きともとれる訳で、
これが故に「悲愴」などでは物足りなさにつながりかねないな、とも思いました。
もっとも、これはオケの特性というより、指揮者のギルバート・ヴァルガさんの指向性
ゆえなのかもしれません。

2のソリストのアンナ・ヴィニツカヤは2007年エリザベート王妃国際音楽コンクール優勝者。
さすが見事な弾きぶりだな、とは思ったのですが、それほど強烈な印象は受けませんでした。
不思議だな、何故だろうと思っていたのですが、拍手に応えアンコールを2曲。

4 プロコフィエフ ピアノ・ソナタ第7番より第3楽章
5 ジロッティ バッハのプレリュードのテーマによるトランスクリプション

4は初めて聴きましたが、まるでロック!!
そして一心不乱に弾く彼女は、まるで何かが憑依したのかような熱演、激演。
(「激演」なんて言葉があるとは思えませんが、心情的にはこういう言葉がぴったりきます。)
また、プロコフィエフの斬新さに心が熱くなりました。
5も表面のやさしげな感じに潜む妖しさがおもしろかった。
アンコールのほうが2よりずっとワクワクさせられましたし、彼女もノッていたように見えました。
4,5を聴いてみて、彼女は演奏家としては大きく試行と模索を重ねて殻を破ろうとしている
最中なのだな、と思い至ったのですが、そう考えると2で抱いた気持ちの何故が
おぼろげに分かったように思いました。まっ、手前勝手な解釈なんですが、ハイ。
彼女はどう変貌を遂げていくのでしょうか。楽しみです。

Pブロックと3階席は販売されていなかったようですが、にしても空席が目立ったのは残念。
来年3月札響の台湾公演を控えて、これでは日台友好に冷水を浴びせているのでは
と心配になりました。公演チラシを見て気づいたのですが、65歳以上のシニア割引もやるなら
札響のような25歳以下の若者割引も同時にやれば、音楽系の高校やクラブからの動員も
少しは見込めたのではないかと思いました。良い演奏会だっただけにもったいない。
ツイッターでフォローしている方で今年のベルリン・フィルの定期会場が高齢者だらけと
ツイートされている方がいたのですが、クラシックの演奏会はどこも似たようなものかと。
中長期にわたるファン層(特に、若者)開拓を視野にいれないとならない時でしょう。

日本での公演は11/18札幌、11/20横浜の2公演だけのようです。
c0007388_23254449.jpg

<11.20追記>
一部表現を修正しました。

[PR]
by capricciosam | 2014-11-18 23:26 | 音楽 | Comments(0)


<< 竹内まりや@札幌真駒内セキスイ... 札幌交響楽団第574回定期演奏... >>