クリスマスの約束@2014

「一体、何があったんだろう?一体、どうしたんだろう?」

録画しておいた番組を見終わった感想がこれでした。
番組の構成を簡単に書いてみると、

1 最後のニュース~井上陽水作。TBSのニュース番組で使われていた
              メッセージ色の強い作品をコーラスで。

スタジオらしいが、客席も立っていて、しかも少ない。スタッフだけ?

次に番組のテーマ曲「この日のこと」が取り上げられ、次第に第1回のスタート時の
映像が写されますが、小田さんの顔が若い!!当たり前ですが、、、
斉藤由貴さんのナレーションも「これまでのことを振り返ってみましょう」と入り、
第1回から順にダイジェストで昨年まで次々に懐かしい映像が映し出されます。
途中、2009年の画期的だった大メドレー「22'50"」は、驚いたことに全部放送。
どんどん時間が経過していくうちに頭の中には「?」が次々発生。
2013年が終わり、再び「この日のこと」に立ち返ったところで、
1のスタジオに切り替わり、細野晴臣さん登場。松たか子、JUJUも加わって4人で

2 スマイル~チャップリン作

以上で終わり。
狐につままれた感じだったのですが、今年作ったシーンは2つだけ。
それが始めと終わりだけで、その間はこれまでの回顧シーンだけ。

「ずいぶん、お手軽に作っちゃったんだね。」

番組ファンを裏切るかのような一見不誠実な作りは一体どうしたことでしょう。
番組告知は例年早くからなされるのですが、今回は小田さんのHPでは、なんと放送前日。
TBSに至っては特設HPも作らずに終わる有様。
制作する側も今年の番組内容に関しては自信もなく、ファンからあまり注目されずに
早く終わってほしかった、というところか。番組ファンの批判を恐れたのかな。

推定されるのは番組作りに使える時間が少なかったのではないか、ということ。
小田さんは10月末までツアーをやっていた訳で、小田さんのHPで紹介された
制作経過としては、実際の作業は11月中旬からで11/24にリハーサルを始め、
12/4にはスタジオ収録を終えているようです。
小委員会は9/22に打ち合わせしているようですが、例年はもう少し早くから
番組作りに取りかかっていたように記憶していますから、明らかに時間不足なのかな。
仕上げる歌の数も少なくなったのはこのせいではないでしょうか。
やはり、無理はいけませんからね。
小田さんも高齢者なんですから、余裕を持って収録できるようスケジュール調整し、
来年の「クリスマスの約束」を楽しませてもらいたいものです。
[PR]
by capricciosam | 2014-12-28 16:51 | 音楽 | Comments(0)


<< 札幌交響楽団第576回定期演奏... 札幌交響楽団第575回定期演奏... >>