ルーブル美術館展@国立新美術館2015

マグリット展を見終わったら空港へ移動する時間が近づいたが、
それでも少しだけ時間が残っていたので、迷わず「ルーブル美術館展」へ。
目的はただひとつ。本展のポスターにもなっているフェルメールの「天文学者」。
急いで展示室を抜けていったら、凄い人だかりができていたのでそれとすぐわかった。

世界屈指の規模を誇るルーブル美術館だが、フェルメール作品はわずか2点しか
所蔵していない。「レースを編む女」と、今回貸し出された「天文学者」。
現存するフェルメール作品のモデルの多くは女性なのだが、男性が大きく
取り上げられているのは「地理学者」と「天文学者」だけ。
顔や様子が似ているため同一人物をモデルとした説もあるが、トロニーという説もある。
また、「地理学者」のほうは室内には光がたっぷり差し込み明るく、輪郭もくっきり
としているのに対し、今回展示されている「天文学者」は黄色みを帯びた光でやや薄暗く
全体の輪郭もやや曖昧だ。それぞれに味わいは異なる。
フェルメールの作品には描写されている背景の絵や机上のものを何かの暗喩として
解釈する場合が通例なので、今回鑑賞するときも目を凝らしてみたのですが、
よくわからない。まぁ、それは無理というものでしたね(笑)

フェルメール以外の作品は流し見程度で実にもったいなかったが、時間もないため
やむを得なかった。まぁ、尾形光琳、マグリット、フェルメールととらえて満足している。
フェルメール作品は世界で30数点(ほとんど欧米、日本には一点もない)と言われているが、
若い頃札幌で開催されたマウリッツハイス王立美術館展で観た「真珠の首飾りの少女」以来、
2008年の東京都美術館での「フェルメール展」を経て、今回で合計9点を鑑賞できたことになる。
現存するうちの約4分の一。国内でこれだけ観ることができたら御の字というものだ。
c0007388_695639.jpg

[PR]
by capricciosam | 2015-05-24 06:09 | 展覧会 | Comments(0)


<< 札幌交響楽団第578回定期演奏... マグリット展@国立新美術館2015 >>