札幌交響楽団第578回定期演奏会@Kitara2015

【プログラム】

1 ベートーヴェン 交響曲第4番変ホ長調
2 ブラームス 交響曲第4番ホ短調

2月以来休館していたKitaraも6月17日に再開。再開当日のタリス・スコラーズは
完売する賑わいだったようですが、小生の再開第一弾は札響定期となりました。

ドヴォルジャークを終えたエリシュカさんが、現在札響と取り組んでいるのが
チャイコフスキーとブラームス。中でも、ブラームスは1回目の3番に驚愕し、
2回目の2番でチクルスの完成を渇望する程の素晴らしさ。
そこで今回の4番であるが、御歳84歳とは思えぬ、きびきびした指揮から紡ぎだされる
音楽の躍動たるや、今まさに音楽が誕生したばかりのようなフレッシュさだ。
エリシュカさんは、決して奇を衒うような派手さはなく、むしろ音楽を忠実に再現しよう
とするかのような献身を感じるのだが、その方向性が、4番にまとわりつく手垢を
きれいにぬぐい去る効果を生み出すのかもしれない。仮にエリシュカ・スタイルという
ならば、これを好ましく受け止めない人はいないのではないか。
録音されていたので、後日発売されるCDを楽しみにしたい。

また、ベト4はブラ4以上に収穫の大きさを感じさせる出来映えだった。
これまでエリシュカさんのベートーヴェンの交響曲は、第九(2012年)、田園(2013年)
と2回聴いたが、今回の4番が一番しっくりきた。
エリシュカさん本来の旋律を歌わせながらも、メリハリをつける躍動感溢れる
音作りは4番にはうってつけだった。比較的地味な作品にもかかわらず、
実は生気溢れる作品であることを再認識させられる思いだった。
「ベト7だったら」なんてことも頭をよぎったが、これはエリシュカ・マジックだった。

昼公演。ほとんど空席が目立たず、9割の入りか。
鳴りやまぬ拍手は10分程も続いたが、客席の満足度の高さが表れていた。
c0007388_2143656.jpg

<追記>
打楽器首席、コントラバス首席は現在空席のため、今回は(コントラバスは今回も)
客演が首席を務められていた。ティンパニは元読売日響首席、コントラバスは
日フィル首席(この方は一年前の4月定期にも登場されていた)だった。
[PR]
by capricciosam | 2015-06-20 21:04 | 音楽 | Comments(0)


<< 歌川国芳展《前編・後編》@札幌... ルーブル美術館展@国立新美術館... >>