ヨーン・ストルゴーズ&NHK交響楽団@Kitara2015

【プログラム】

1 ベートーヴェン 「エグモント」序曲
2 ベートーヴェン ピアノ協奏曲第3番ハ短調作品37
3 ベートーヴェン 交響曲第5番ハ短調作品67「運命」

前回N響を聴いたのは2012年だから3年ぶりとなる。
最初プログラムを見た時は
「なんだ、地方公演向けのオール・ベートーヴェン・プログラムか」
のような、少々がっかり感をともなったものものだった。
しかし、終演後はそんな当初の気分は何処へやらで、
N響の持つポテンシャルにすっかり満足して帰路についた。
音の密度が高いとでも言うのだろうか、力感みなぎるアンサンブルが大ホールに
満ちる様は、例えばPMFオーケストラとは異なるプロとしての矜持の高さを
示されたようで、通俗名曲の新たな発見をして感動したような気分であった。
もちろん、指揮者ヨーン・ストルゴーズさんの解釈も貢献したとは思うものの、
篠崎コンマス以下、オケの力の比重が高かったように思う。
満席の大ホールからの盛大な拍手に応えてアンコールを一曲。

シベリウス アンダンテ・フェスティーボ

ストルゴーズさんはヘルシンキ・フィルの首席指揮者を務めるだけに、
この曲での指揮は水を得た魚状態。素敵な締めくくりでした。

2ではアリス=沙良・オットがソリストとして登場。
3年前、フランクフルト放送交響楽団との来札公演で一度聴いているが、
相変わらず、すごいテクニックだなと感心した。3年前より深化している感じがする。
しかし、打鍵が総体的に弱く、作品への肉薄ぶりがあまり感じられなかった。
またオケも抑制され過ぎていたように思うので、なんとなくこじんまりした印象で、
高水準な演奏ではあるものの、総体としての満足度はもう一歩だった。
鳴りやまぬ拍手に応えてソリスト・アンコールを一曲。

リスト ラ・カンパネラ

彼女の持つ天性の奔放さが見事に現れた思い。圧巻。

3年前は裸足で登場しびっくりさせられたアリスさんだが、
今回は足元が見えないロングドレス姿のため裸足かどうかは判らずじまい。
熱心な追っかけの方によれば、ラメ入りの黒ドレス姿は今回のツアー初日の
東京と札幌のみのようです。また、会場ごとにソリスト・アンコールが異なった
との情報もありますから、引き出しの多い人なんですね。期待しましょう。

今回は東北北海道ツアーとして、8/21東京を皮切りに8/23郡山、8/25青森、
8/26函館、8/28旭川、8/29北見、8/31札幌と同一プログラムで行われた。
c0007388_23571910.jpg

<追記9.4>
記事の一部を修正しました。

[PR]
by capricciosam | 2015-08-31 23:57 | 音楽 | Comments(0)


<< 札幌交響楽団第580回定期演奏... 鴨居玲展-没後30年・踊り候え... >>