熱帯JAZZ楽団@札幌市民ホール2015

【セットリスト】

1 ミッション・インポッシブル
2 My favorite things
3 Azul ~ピアニカが沁みる
4 I've got the world on a sting ~シナトラで有名らしい
<メンバー紹介>ブラスのみ
5 ルパン3世 ~B.Saxをメインにテンポを落としたアレンジで
6 Kangaroo '98
<休憩15分>
7 Hip To Be Square ~ヒューイ&ニュースの曲
8 Alba Blanca
9 Eddie Pal Monte
<メンバー紹介>リズムのみ
10 Spain ~名曲、今夜の白眉
11 (メドレー)今夜はDon't Stop-スモーク・オン・ザ・ウォーター
   -ダンス天国-ねらい撃ち-狼少年ケン-今夜はDon't Stop
12 Celebration
<アンコール>
13 September~客電点き、ほぼ満席の会場は総立ち

今年で結成20周年を迎える日本を代表するラテン・ジャズ・ビッグバンド。

「カルロス菅野がオルケスタ・デ・ラ・ルスを脱退後にスタートした、
日本のインストゥルメンタルシーンを代表するミュージシャンを一堂に
集めたラテン・ジャズ・ビッグバンド。無機質な音楽が溢れている昨今、
メンバーが創り出すパワフルなリズムとハーモニーは年齢を問わず
幅広い観客を魅了する。」(以上、チラシより引用)

初めて聴きましたが、この言葉につきる感じ。楽しいひとときでした。
なお、セットリストは終演後掲示されてオープンになっていたのですが、
記事ではMC内容や感想を追加しています。

2を終えた後のMCでカルロス菅野さんが、
「結成20周年を迎えることができました。ありがたいですね。(この楽団が)
駆け出しの頃、札幌の野外公演(芸森のことでしょうか?)で、思いもよらぬ
熱烈な歓迎を受けたんですが、そこから駆け出すことができた。
札幌のお陰です。ありがとう!(会場から盛大な拍手)
20周年記念CDを出しました。今夜も熱く盛り上がっていきましょう!」
とおっしゃっていましたが、札幌への思い入れがあるんですね。

さらには、10の前では
「赤いの(還暦)が近づいてくる。(客席の女性からの「歳とらないよ!」に応えて)
よし、歳とらない。このままで、あと20年いってみたい。(拍手)
札幌には毎年何らかの形で来ます!(会場から盛大な拍手)
と、ファンにはたまらない発言も飛び出しました。
c0007388_020955.jpg

<追記9.27>
本演奏会を聴きに行くことになったきっかけは神保彰さんです。
CASIOPEAも熱帯JAZZ楽団も結成当時は神保さんがドラム担当でした。
(現在は脱退し、CASIOPEA 3rdではサポートドラムという立場らしいです。)
そんな繋がりがわかって以来関心があっただけに、長年聴きたかった3公演を
今年一気に聴くことができたのは幸いでした。

なお、ワンマンオーケストラはおおよそセットリストが判ったのですが、
3rdは終演後もなかなか判らず、これがため記事にするのも遅れてしまいました。
記事作成は遅くなりましたが、記事の日付はメモリーとして各々の公演が
行われた月日に設定してあります。

◇神保彰ワンマンオーケストラの記事は、こちらです。

◇CASIOPEA 3rdの記事は、こちらです。

[PR]
by capricciosam | 2015-09-25 23:58 | 音楽 | Comments(0)


<< アンネ・ソフィ・フォン・オッタ... CASIOPEA 3rd@栗山... >>