神保彰ワンマンオーケストラ@栗山カルチャープラザEki2015

【セットリスト】

 1 ツァラトゥストラはかく語り
 2 インディー・ジョーンズのマーチ
 3 不明
<神保彰のルーツを探るメドレー>
 4 はげ山の一夜
 5 スイートドリーム ~スタッフの曲
 6 September
 7 マシュケナダ
 8 恋のフーガ ~ザ・ピーナツの名曲
 9 スモーク・オン・ザ・ウォーター
10 スペイン ~チック・コリアの名曲
<解説コーナー>
11 星に願いを ~5段階でオーケストラに変化していく 
<休憩>
12 マンボ ~客席も参加して「マンボ!」、「ジンボ!」(笑)
13 ゴジラ
14 ジュラシックパーク
15 スターウォーズ
16 メドレー~CASIOPEA時代の神保さんの作曲した作品を5曲
17 Asayake
18 ミッション・インポッシブル
<アンコール>
19  パイレーツ・オブ・カリビアン

2007年に雑誌「ニューズウィーク」の特集「世界が尊敬する日本人100人」に
選出されたことで神保彰さんの名前を初めて知ったのですが、縁がないままでした。
その後、「ワンマンオーケストラ」というドラムソロのライブを全国津々浦々で
やられていることがわかり、ぜひ一度聴いてみたいものだと思っていました。
今年も全国行脚として6/16の室蘭を皮切りに道内各地でも公演があった訳ですが、
調べてみると札幌及び近郊では小樽、栗山のみ。中でも栗山の料金設定が破格!
札幌から少々遠いのと、仕事の都合がつけばなんとかなると考え、決めました。
チケットは電話予約しましたが、町外からの問い合わせが多いとのことでした。

会場は多目的ホール(定員248人)ですが、当日はホール真ん中にドラムセットが
置かれ、四方を客席が取り囲む形をとっていましたが、ライブとしてはうってつけ。
間近で神保さんのテクニックを見ることができるため迫力も十分。
ドラムを叩いているだけなのに、シンセサイザーによると思われる多様な音が
途切れることなく流れて見事なサウンドとして味わうことができる不思議さに
目を丸くしてしまいました。解説コーナーで神保さんによる説明があったのですが、
叩いても直接音が出ずに一定の音が順番に流れるセンサーがあり、
ステックで叩いて全体のメロディーを形作っているそうです。
しかし、種明かしをされても驚きは全然変わりません。
「ヴァーチャル千手観音」なんてのもあって、神保さんの驚異的なテクニックには
感動しました。

それから、<神保彰のルーツを探るメドレー>でドラムに取り組むきっかけが
ボブ・ジェームスの「はげ山の一夜」のかっこいいドラム(スティーブ・ガット)だった、
という話には内心驚きました。小生も一時フュージョンが好きだったのですが、
初めて買ったフュージョンのLPがボブ・ジェームスの名盤「ONE」でした。
しかも、その代表曲「はげ山の一夜」がきっかけとはね。親しみがわきます。
c0007388_15503075.jpg

[PR]
by capricciosam | 2015-06-26 23:52 | 音楽 | Comments(0)


<< 札幌交響楽団第579回定期演奏... 歌川国芳展《前編・後編》@札幌... >>