ビックリハウス

ようやく13日より16日までお盆休みとなりました。
今年のお盆は亡父の新盆でもあるので、ちょっと改まった気持ちで
墓参りをしたりして過ごしています。
でも、割とヒマもあるはずのに、ブログも更新せずにさぼっていて、
この辺を改善しなけりゃなぁ~と、反省しきりです。

今夜もそろそろ寝ようか、という時に某TVに清水ミチコさんが出演
していました。
彼女は不思議な存在ですね。
お笑いなんでしょうが、そこだけを狙っている訳でもない。
少し焦点をずらしながら独特のミチコワールドを形成しているような
独特の存在感がある人ですね。
キライなほうではありませんので、楽しく観ていたら、彼女の口から、
「ビックリハウス」なる言葉が飛び出しました。
「オーッ、なつかし~ぃ」
皆さんの中でご存じの方はどれだけいらっしゃるでしょうか、と素直に
思ってしまうくらい、ずーっと前のマイナーな雑誌でした。
PARCO出版がだしていた、とらえどころのないサブカルチャーを
扱っている、これまた独特の雰囲気を持つ月刊誌なんですよ。
そう言えば、清水ミチコさんに相通ずるものがありますね。
「ご教訓カレンダー」なんて、この雑誌の企画からできたものでした。
これを知っている人少ないんだろうなぁ…。

写真は2004年に一回だけ復刊したビックリハウスです
c0007388_6574320.jpg

[PR]
by capricciosam | 2005-08-14 23:59 | 時の移ろい | Comments(2)
Commented by tokkey_0524zet at 2005-08-19 10:39
「ビックリハウス」懐かしいですね~。私「御教訓カレンダー」によく投稿していていつも第一次審査通過して名前が載っていました。コピーが載った事は無いです。来年は載るかな?
Commented by capricciosam at 2005-08-19 22:43
>tokkey_0524zetさん、コメントありがとうございます。
>私「御教訓カレンダー」によく投稿していて
おーっ、そうだったんですか!このコーナーは必ず目を通していました。
>来年は載るかな?
って言うことは、まだ作られている、ということですか?もう無くなってしまったものと、ばかり思っていました。掲載を期待しますよ!


<< 遅ればせながらSWⅢ@映画 リメンバー >>