とまどい

2連覇の余韻に浸っていたら、とんでもない知らせが。
「こまった、どうしたものか」
というのが、駒苫を応援した大多数の人々の気持ちでしょうか。

明徳義塾の出場辞退ということがあったのにもかかわらず、
その意味することもわきまえず、大の大人がルール違反の
暴力事件をやってしまう。
しかも、大会前の事件ではかなり執拗にやったようで、そもそも
部長職を務める適格性が欠けていた、と言うしかないでしょう。
さらに、校長を通じて発表された内容も、当の保護者の言い分と
食い違うことで保護者を激怒させている、というマズサ。
その上、今日札幌と苫小牧で予定されていた優勝報告会は
そのまま実施して、その場でお詫びをすればよい、と考えていた、
とは。
学校側の「脇の甘さ」「認識の甘さ」を大いに感じてしまいます。
この甘さが生徒が必死の思いで成し遂げた2連覇という一大慶事
にすっかり水をさしてしまいました。

原則的に考えれば、そもそも駒苫は部長の暴力事件で出場辞退
していたはずなのだから、今大会での優勝はありえない、よって
大優勝旗は当然返還ということになるのでしょう。
しかし、全国の何百何千万人もの人が注視する中を必死に戦った、
彼らに一体何の罪がある、というのでしょうか。
必死に戦った結果の価値ある優勝です。
この厳然たる事実は消すことができないはずで、よしんばそれを
取り消すことで一罰百戒的な「教育的効果」を高野連が目論んだ
としても、駒苫の選手の心に一生消すことのできないキズをつける
ことになる訳だから、片手オチの教育的効果としかなりえない。
すなわち過去に逆のぼってペナルティを科すことは、何よりも
がんばった選手の心に一生残るキズを負わせるだけである。
それよりも、まだしも選手たちが希望の持てる将来に向けた
ペナルティ(出場停止等)が検討されることを期待したい。

それにしても白黒はっきりしない内は、心配と同時に、大人の
愚かさに腹立たしい思いが続くことになるんだろうなぁ。
[PR]
by capricciosam | 2005-08-23 22:49 | 時の移ろい | Comments(10)
Commented by egurish at 2005-08-24 22:49 x
初めまして。TBありがとうございます。この件では時間がたつにつれて様々な情報が駆け巡り、いったい何が正しいのかわからなくなってしまいそうですが、願わくば優勝旗返還だけは避けられるようになってほしいです。TBさせていただきました。これからもよろしくお願いいたします。
Commented by tokkey_0524zet at 2005-08-25 00:16
 他の方のブログを覗いてみると、「部長の体罰は行き過ぎだ」「暴力を受けた選手が過保護なんだ」と意見が分かれておりますが、私は学校側にもこの選手の親にも共感出来ません。

 どちらにも〝保身〟の姿勢が見え見えなので。
Commented by f16fightingfalcon at 2005-08-25 05:54
おはようございます。せっかくの2連覇に水を差すようなことになって大変残念ですね。「高校野球」ですから、高校生たちの事を第一に考えて見守りたいですね。
Commented by もあぱそ at 2005-08-25 06:02 x
トラックバックをありがとうございます。選手たちの努力と粘りを評価する裁定であってほしいと願うばかりです。
Commented by capricciosam at 2005-08-25 07:06
>egurish さん、コメントありがとうございます。
>願わくば優勝旗返還だけは避けられるようになってほしいです
がんばった選手たちの汗の結晶だからこそ、そう思いますね。

>tokkey_0524zetさん、コメントありがとうこざいます。
>私は学校側にもこの選手の親にも共感出来ません。
状況判断力の弱い大人同士が一番大事な選手達のこころを傷つけようとしているような気がしてなりません。

> f16fightingfalconさん、コメントありがとうございます。
>高校生たちの事を第一に考えて見守りたいですね。
そのとおりですね。選手そつちのけで事態が収束しなければよいのですが。

>もあぱそさん、コメントありがとうございます。
>選手たちの努力と粘りを評価する裁定であってほしい
そのとおりですね。今回の件は高野連の人情味ある大岡裁きを期待したいものです。






>
Commented by 北さん at 2005-08-25 10:29 x
こんにちわ。
TB&コメントありがとうございます。

子どもたちの偉業は偉業です・・・教育的配慮を期待しています。
Commented by Mami at 2005-08-25 17:06 x
サムディさん、こんにちは
祝賀ムードが吹き飛んでしまうような事件が起きてしまいましたね。
それでも、選手達には胸を張っていて欲しいです。そして、彼らの心に傷を残さないためにも、優勝旗返還などは絶対にあってはならないことだと思ってます。

報告会もそのまま続行してもよかったのでは?成し遂げたことに対することに、精一杯祝福してあげるべきだったように思います。

Commented by capricciosam at 2005-08-25 21:35
>北さん さん、コメントありがとうございます。
>子どもたちの偉業は偉業です・・・教育的配慮を期待しています。
まったく同感です。今回の騒ぎを収束するにあたっても、この部分はブレないでもらいたいです。

>Mami さん、コメントありがとうございます。
>彼らの心に傷を残さないためにも、優勝旗返還などは絶対にあってはならない
まさしく、おっしゃるとおりだと思います。返還してはいけないし、そうしむけるべきでもない、と思います。
Commented by 厳罰に処すべし at 2005-08-26 23:08 x
苫小牧の暴力事件に関しては厳罰に処分すべきではないだろうか?
なぜなら、指導者という立場が上の者の暴力であること及び故意かつ悪質な隠蔽の2点であるからである。組織の一員が問題を起こせば、組織全体が処罰されるのは当然のことである。しかも、立場が上の者はその影響力が大きいため、処罰はより厳しくするべきである。また、明徳義塾の件があった直後で高野連から速やかな報告を通達されていたにも関わらず、それを無視して明徳義塾と同じ言い訳をしていることから、故意かつ悪質な隠蔽であることは明らかである。状況を鑑みるに、処分内容としては、本年度の戦績の抹消、及び本年度並びに次年度の出場停止が妥当であると思われる。悪質でなければ来年度の出場は認められるはずであり、故意でなければ近々の大会の出場停止と本年度の戦績の抹消程度で済むであろうが、いずれにせよ、スポーツ界では規定違反をすれば本年度の戦績抹消は当然の処分のはずである。従って、最低限譲歩しても本年度の戦績の抹消は免れないと思われる。
Commented by capricciosam at 2005-08-27 10:20
>おことわり
発信元が不明なコメントには返信いたしかねます。


<< とりあえずホッとした 連覇! >>