反田恭平×上野耕平 デュオコンサート@Kitara2016

【プログラム】 (D)…デュオ (P)…ピアノ (S)…サキソフォン 

1 シューマン:アダージョとアレグロ 変イ長調(D)
2 リスト:愛の夢-3つの夜想曲より第3番 変イ長調(P)
3 リスト:巡礼の年 第2年への追加「ヴェネツィアとナポリ」より第3曲「タランテラ」(P)
4 デザンクロ:プレリュード、カデンツァとフィナーレ(D)
5 ポノー:ワルツ形式のカプリス(S)
6 グラズノフ:サキソフォン協奏曲 変ホ長調(D)
7 ガーシュウィン/長生淳編曲:ラプソディ・イン・ブルー(D)
e バザン:バザンのロマンス~歌劇「パトラ先生」より

KitaraClub会員限定コンサートは低廉な価格で新進気鋭の音楽家を紹介する趣のようです。
今回はピアノの反田恭平さん、サキソフォンの上野耕平さんのデュオ・コンサート。
実は当初予定にはなかったのですが、TVでお二人を偶然続けるようにみたところ
御両人の活きの良さに俄然興味を覚え、足を運んでみました。

MCではお二人がKitaraとの関わりを話されていました。
上野さんは12年前の吹奏楽コンクールにおいてKitaraで演奏したことがあり、2回目。
反田さんはKitaraの近くに祖父が住んでいたので知ってはいたが、自分で演奏するまでは
と決めてKitaraに足を踏み入れたことがなかったそうなので、今回が初とのこと。

お二人は過去30分程度の共演はあったようですが、今回のようなデュオでの演奏会は初
とのことでした。しかし、1から二人の掛け合いはスムーズです。
バリバリと弾きこなし勢いのある反田さんと精妙な陰影を落ち着いて作り出す上野さん。
楽器の違いがお互いの個性の違いを一層浮き立たせているようでした。
特に、サキソフォンが活躍するクラシック作品はあまりないため、
改めてこの楽器は随分魅力的だなと思いました。

お二人のソロも、それぞれの達者な腕前を披露してもらい魅了されましたが、
やはり掛け合いが楽しかった。デザンクロ、グラズノフ、ガーシュイン。
グラズノフではサクソフォンがソロで、ピアノが「100人のオケ(反田さん曰く)」を
演奏します。ガーシュインでは逆にピアノがソロで、サクソフォンがオケを演奏します。
この役割の反転も楽しかったのですが、丁々発止のやりとりは、まさしく才気煥発。
実に楽しい一夜でした。

P、LA、RA各ブロックは販売しなかったようですが、他の席はかなり入っていましたね。
盛大な拍手に応えてアンコールを1曲。
演奏会終了後のサイン会は長蛇の列でした。
いや~、楽しみな才能が現れましたね。

c0007388_00115656.jpg



[PR]
by capricciosam | 2016-11-08 23:57 | 音楽 | Comments(0)


<< 鈴木雅明&バッハ・コレギウム・... 内田光子withマーラー・チェ... >>