リメンバー②

郵政民営化は改革の本丸、と与党は主張する。
これは一部の勢力のものになっている既得権を民間に開放し、
自由競争で活力をよみがえらせようという主張である。
つまりコストのかかる官から低コストな民へ、との主張のようだ。
小さな政府とはつまりローコストオペレーションにほかならない。
となれば総論は賛成、だけど各論はよ~く検証する必要がある。
しかし、そもそもこういう主張をする前に、この国の深刻な事態に
もっと目を向けるべきだったのではないか、と言いたい。
国の借金が700兆円とも1000兆円ともいわれる日本の現状で、
コスト低減が急務なら、一説には700億円とも言われる巨額のコスト
をかけてまでやる選挙の前に、三権分立のしくみの中で、低コストで
やるべきことが内閣にはあったのではないかと、言いたい。
それは「内閣総辞職」ということだ。
内閣の主たる政策が否決された時点で、総辞職して次の内閣に
バトンをわたすことが三権分立の仕組みの中で低コストでできる
極めて妥当な手続きであったはず。
しかし、こけの一念の変人が奇手にでた。
選挙戦は始まり、刺客騒ぎに目くらましをされているうちに、
劇場型政治の延長の選挙も、いよいよ明日は投票日。
期日前投票をされた方もこれまで以上に多いと報道され、
国民の関心は高いと思う。
これは歓迎すべき事。
無関心と変な訳知り顔の諦観の悪循環が、一部の既得権益集団が
スキをつくことを許し、この国全体を蝕んできたのではないか。
どうやってこの膨大な借金を返して安心して暮らせるというのか。
老後間近の収入のパイプが細くなるシニアにとっては大問題。

そもそも選挙における投票行動は憲法で保証された国民固有の権利
である。以下日本国憲法より抜粋。

第三章 国民の権利及び義務
日本国憲法第十五条
①公務員を選定し、及びこれを罷免することは、国民の権利である。
②すべて公務員は全体の奉仕者であって、一部の奉仕者ではない。
③公務員の選挙については、成年者による普通選挙を保障する。
④すべて選挙における投票の秘密は、これを侵してはならない。
  選挙人は、その選択に関し公的にも私的にも責任を問われない。

選挙権のある人は、明日は投票というアクションで権利を行使しよう。
そして、よ~く考えて一票を投じよう。
シニアに比べ、若い人ほど将来のツケは確実に大きくなるんだよ。
[PR]
by capricciosam | 2005-09-10 21:18 | 時の移ろい | Comments(3)
Commented by f16fightingfalcon at 2005-09-10 23:14
こんばんわ、ローコストオペレーションは私も賛成です。国営でも公社でも民間でも、まずローコストにする事、が必要なのであって、民営化が本丸って何か違います。そういう意味では700億円かけた価値、が認められるよう行動する事が有権者の責任でもありますね。
Commented by tokkey_0524zet at 2005-09-11 00:18
 今晩は。あちこちの駅前でビラ配りのバイトをしていたりいるので、街頭演説で各党の主張は一通り聴く事が出来ました。

今一つ争点がはっきりしていなくて最後まで平行線のまま選挙を迎える事になりそうですが、有権者の方々には目先の利益やしがらみに惑わされる事無く政党や候補者を選んで頂きたいものですね。
Commented by capricciosam at 2005-09-11 06:48
> f16fightingfalconさん、コメントありがとうございます。
>国営でも公社でも民間でも、まずローコストにする事、が必要なのであって、民営化が本丸って何か違います。
おっしゃるとおりで、巧みなすり替えによる詭弁がまかり通っているな、と感じています。

>tokkey_0524zetさん、コメントありがとうございます。
>有権者の方々には目先の利益やしがらみに惑わされる事無く政党や候補者を選んで頂きたいものですね。
まったくもってその通りですね。利益としがらみにどっぷりつかった方は投票率が高く、それ以外は無関心で棄権する、というのが最悪のパターンですが、今回は少しは是正されるのかな、と期待したいところです。


<< リメンバー③~投票日和だよ 愛惜つきない >>