小曾根真&ゲイリー・バートン@神奈川県立音楽堂2017

「こんばんわ」

定刻になり開演を待つ客席に突如最後方から少し外国語訛りの大きな声。
振り返ると、ステージに向かって右側通路にゲイリー・バートン、
左側側通路に小曽根さんがともにゆっくりとした足取りでステージに向かって
下りてくるのが見えた。こりゃ、いきな演出だね。
お二人がマイクを持って挨拶。
以降小曽根さんがMCを努めてコンサートが進んでいきます。


終演後公開されていたセットリスト。

1 Bud Powell/Chick Corea
2 Why'd you do it?/John Scofield
3 Eiderdown/Steve Swallow
4 Remembering Tano/Gary Burton
5 Time Thread(for Bill Evans)/Makoto Ozone
6 Opus half?Benny Goodman
<休憩>
7 Le Tombeau de Couperin/Maurice Ravel
8 Sonata K.20/Domnico Scarlatti
9 Brasilia/Chick Corea
10 O Grande Amor/A.C.Jobin
11 In your Quiet Place/Keith Jarett
12 Times Like These/Makoto Ozone
e Bags Groove/Milt Jackson


2~ゲイリー・バートン・カルテットのメンバーの作品
3~同上、ベーシストの作品

5~小曽根さんはオスカー・ピーターソンにあこがれて、とにかく速く弾きたかった。
ある時パーティーの演奏に代役で出演したら、速く弾くわけにいかないので
ゆっくりと弾いていたら、後ろに立ってじっと見ている人がいたんですね。
それがゲイリーだった。そして一言。
「なんだ、弾けるじゃないか」(笑)
ゲイリーは次々にこれを演奏してみろと言ってきたが、難しいんですね。
特に衝撃を受けたのがビル・エヴァンス。
どうしても弾けなくて、30年経ってようやく書けた作品です

6~小曽根さんが父親から教えてもらい、それをゲイリーに伝えた作品
8~スカルラッティはソナタを50番も書いたそうですが、その20番目
10~9はブラジリアという割にはブラジルらしくないので、ブラジルの作品を

11~昔ゲイリーはコンサートではソロを一曲演奏していたんですが、最近はやってない。
僕もみたことがないんです、そこでゲイリーのソロを。
小曽根さんは最前列に腰を下ろして聴いていました。

12~ゲイリーに2曲作ってくれと言われたが、自宅にピアノがなかったので
なかなか作れないでいた。あるときピアノのあるゲイリーの自宅に呼ばれて
「買い物に出かけてくる、帰るまで2時間かかる、それまでに2曲作っておいてくれ」
と言われた。お見通しだったんですね、その時の一曲です。

アンコール前には最前列の人たちと一人一人握手!
e~ゲイリーはミルト・ジャクソンと二人でヨーロッパツアーをしたんですね。
という訳で最後にミルト・ジャクソンの曲を

MCは小曽根さんが努め、客席に話した内容をゲイリーに通訳するスタイルでした。
時々はゲイリーもマイクを持って話すこともあったのですが、ゲイリーの話の途中や
話を終えた途端に反応する客席に少々驚く。
つまり会話程度なら大丈夫のお客が多かったということなんだろうが、
これはジャズだから?それとも横浜だから?

アンコールを終えると会場総立ちでしたが、気分良く楽しめましたね。
会場は1000人規模の歴史ある建物でしたが、よく手入れされているようで快適でした。
会場へは桜木町駅から歩いたのですが、紅葉坂は急坂でしたね。

c0007388_14424878.jpg


[PR]
by capricciosam | 2017-06-13 23:54 | 音楽 | Comments(0)


<< 「HANGA JUNGLE」展... 「リアルのゆくえ」展@平塚市立... >>