PMF GALAコンサート@Kitara2017

【プログラム】

第1部 15:00開演
1 モーツァルト エクスルターデ・ユビテーラから「アレグロ」「アレルヤ」
2 モーツァルト 弦楽五重奏曲第5番ニ長調から第1楽章、第4楽章
3 ヴォーカル・アカデミーによるオペラ・アリア
4 ホルスト/田中カレン編 PMF賛歌~ジュピター

第2部 17:15開演
5 ワーグナー 歌劇「タンホイザー」序曲(ドレスデン版)
6 ブルッフ ヴァイオリン協奏曲第1番ト短調
e J.S.バッハ 無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番ニ短調から「アルマンド」
7 シューベルト 交響曲第8番ハ長調「ザ・グレイト」

マーク・J・イノウエさん率いるトランペット陣のファンファーレで開場が告げられた
今年のGALA。ホワイエでは管楽器アンサンブルの演奏も開かれ、おしゃれをした方も
多く見られ、ちょっと華やいだ雰囲気はGALAならでは。

第1部は15時開演
再度トランペットによるファンファーレが鳴り響いた後、司会進行の天羽明恵さん登場。

1はダニエル・マツカワさんの指揮でPMF生の演奏と天羽さんの独唱。
初めて聞いたが、モーツァルトの軽快さを感じる。

場面転換の間にダニエル・マツカワさんが登場し、天羽さんとやりとり。

2ではライナー・キュッヒルさんが加わる。
アンサンブルというよりもキュッヒルさんの独奏を聴いているような気分に。
これは以前も感じたことだが、明らかにPMF生との力量が違うからね。
演奏後にキュッヒルさんが登場して天羽さんとの日本語による会話。
キュッヒルさんは話す時マイクを口から離すので天羽さんが「どうしてなんですか?」と
突っ込むと、キュッヒルさん曰く「恥ずかしいから」(笑)
キュッヒルさんは昨年に続き約1か月札幌に滞在してPMFの指導に当たられたとのこと。
PMFにとっては心強い限りです。
そして、来年はバーンスタイン生誕100年との話に。
メモリアル・イヤーだけにPMFも力は入るだろうな(と勝手に期待)。

当初案内されたダニエル・ロザコヴィッチのパガニーニは本人体調不良のため中止に。

3ではヴォーカル・アカデミー生4名によるアリアがピアノ伴奏で歌われる。
ソプラノ2名、バリトン2名だが、会場から盛大な拍手を浴びていたのは
最後に登場したチョンファ・キムさん。
確かに豊かな声量でしたね。今後に期待です。
ただし、2つの二重唱はカットされました。
ここまでで16時10分。
PMF賛歌練習を兼ねた休憩が30分。
4ではゲルギエフが登場して客席も立ち上がって賛歌を合唱。

第2部は17時15分開演
ゲルギエフによるオール独墺系プロというのは初めての体験。

5はPMF生のみだったが、好調の弦楽パートを中心によく引き締まった演奏だった。
ただ、スケール感がやや乏しいのはやむを得ないか。

6ではダニエル・ロザコヴィッチが16歳らしからぬ風格と落ち着きを感じさせ好演。
童顔長躯ながら、紡ぎだす調べのなんと端正で大人びたことか。驚いた。
開場からも盛大な拍手とブラヴォーが。
アンコールにバッハを。
しかし、ここで調べに甘さが顔を出した。これは成熟を待ちたい。
ここまで18時5分。15分休憩。

7では指導陣も加わるため、オーケストラとしての迫力が数段アップ。
楽章を追うごとにゲルギエフの指揮に煽られたかの如く躍動感が増し、見事な大団円。
終演は19時15分。

GALAの1部については、かなり整理されてきたとは思うものの、
依然プログラムの詰め込み過ぎの感があり、今回も当初予定されていたソリストの
独奏や二重唱が中止された。それでも第2部の開演が15分遅れだから、
仮に全部こなしていたら相当の遅延となっただろうことは容易に想像される。
翌日のピクニック・コンサートはカジュアルなだけに盛りだくさんでもよいとは思うが、
GALAという以上はスッキリしたスマートさを感じる構成でもよいのではないかと思う。

c0007388_22075731.jpg



[PR]
by capricciosam | 2017-07-29 22:08 | 音楽 | Comments(0)


<< 山下達郎PERFORMANCE... PMFオーケストラ・プログラム... >>