収穫

秋の澄み渡る青空を見ると、夏の暑さから逃れて安堵した
ためか、その空気の爽やかさのせいなのかは不明だが、
思わず内面の緊張が緩み、一息ついてしまう。
まるで、登山をして途中の何合目かで休憩をとって、遠くの
山々や麓を見渡すがごとく、一息ついて周囲やこれまでの
登ってきた道を振り返ってしまうのだ。
人生を四季で例えると、シニア世代は秋から冬にさしかかろう、
とするようなものか。来し方を思い、行く末にも思いをめぐらす。
そんなわけでもあるまいが、秋は一層メランコリックな気分に
陥りやすくなるような気もする。

そんな時に聴くラフマニノフはこの気分にピッタリどころか、
それを増幅してくれるのかもしれない。
その憧憬を含んだ甘美な抒情の大きな大きなうねりに身を
まかせていれば、忘我に陥り、現のあらゆることが見事に
消え去っていく。
甘美なときの訪れ。

昨夜の札響第481回定期演奏会でのラフマニノフ交響曲第2番
はまさにそんなひとときだった。
暗譜で通した尾高忠明音楽監督の棒は確信を持って、第一楽章
からオケを強力にひっぱるが、強引というのではなく、全身を使って
各パートを曲の流れにのせていく、とでも言えば良いのだろうか。
まさしく指揮者とオケが一体となってこの大曲の情感にあふれた
奔流を成していた、と言っても良いだろう。
低弦を中心に増強した弦も健闘していたが、いつもは少々
危なっかしい管も適度なバランスを保ってこの曲の情感の表出に
貢献していた。特に、第三楽章の出来はクラリネットの出来に期待
大なのだが、昨夜は他の楽章も含めてよく健闘していたと思う。
ますます脂がのってきた尾高・札響。
このコンビの好調ぶりが端的に聴き取れたこの一曲でも十分なのに、
アンコールは同じくラフマニノフのヴォカリーズ。
もう、メロメロです。とどめを刺されました。まいったなぁ~。
演奏会終了後、会場を去る雑踏でラフマニノフのメロディを
ハミングしている人が少なからずいたのですが、皆さん、
やはりお好きのようですね。

今夜のもう一曲はエルガーのチェロ協奏曲。
イッサーリスの超絶技巧には感嘆したものの、少々足早に行って
しまった感じ。もう少したっぷりと歌ってほしかった気も。
アンコールの鳥の歌のしみじみとした味わいが印象深い。
ところで、エルガーのこの曲は以前尾高・札響のコンビで
聴いているが、その時はR・コーエン。これもうまかった。
いくらお国ものとは言え、英国には凄いのがいるなぁ。

秋は収穫の季節でもある。
昨夜は稔り多き収穫、と言っても過言ではない一夜だった。

写真はラフマニノフ2番のノーカット演奏の先駆けプレヴィンのCD
c0007388_13372547.jpg

[PR]
by capricciosam | 2005-09-24 13:52 | 音楽 | Comments(4)
Commented by peppermint at 2005-09-25 22:53 x
capricciosamさん、こんばんは。
ラフマニノフのヴォカリーズ、私も大好きです!いい曲ですよね。
ほんと、これからの季節にピッタリ。それも夜聴きたいって感じです。
今の私の課題である表現力を身につけて演奏したい曲でもあるんです・・・。
Commented by capricciosam at 2005-09-25 23:36
>peppermint さん、コメントありがとうございます。
>これからの季節にピッタリ。
ホント、そうですね。「しみじみ」という日本語はこの曲のためにある、とつい思ってしまいます。
Commented by のり2 at 2005-09-26 16:54 x
こんにちは!
先日はTB&コメントありがとうございました。
10/4サントリーでの札響演奏会、韓国公演の後ですか、楽しみです。
エルガーの代わりにラフ2のピアコンですが、そういえばエルガー2年前にkitaraでコーエンさんで聴きました、もちろんエルガー1番も。感動的な演奏でした。(ニムロットも!)
Commented by capricciosam at 2005-09-26 23:43
> のり2さん、コメントありがとうございます。
>エルガー2年前にkitaraでコーエンさんで聴きました、もちろんエルガー1番も。感動的な演奏でした。(ニムロットも!)
なんと!どうやら同じ演奏会のようですね。そうですか、札幌にいらっしゃったのですか。尾高さんのエルガー振りぶりを堪能したひと時でしたね。あれ以来エルガーを以前より聴くようになりました。ところで今宵は金聖響&都響を聴き、在京オケの充実ぶりを堪能してきました。(^^)


<< ドライブ日和 まねてみる >>