札幌交響楽団第603回定期演奏会@Kitara2017

【プログラム】

1 スッペ 喜歌劇「ウィーンの朝・昼・晩」序曲
2 グルダ チェロと吹奏楽のための協奏曲
3 ブルックナー 交響曲第1番ハ短調(ウィーン版)

指揮:下野竜也
チェロ:宮田大

久しぶりの下野竜也さん登場だが、いつもどおり凝ったプログラム。

1は軽いのりで流されそうだが、実にシンフォニックな響きで堂々たるもの。
こんな堂々とした作品だったっけ?早くもフラボーが飛ぶ。

1曲目が終わった後の舞台転換は時間がかかるため下野さんがマイクを持って登場。

『覚えていらっしゃいますか?先ほど指揮をしていた者です(笑)。私の演奏会の
テーマは支持率が低いのですが(笑)、今回のテーマは「ウィーン」です。
ウィーンゆかりの作曲家にはJ・シュトラウスはじめ色々いらっしゃいますが、
1曲目のスッペもその一人。2曲目のグルダはウィーン出身なんですが、
ウィーンの伝統に抗った人。チェロの前にマイクがあります、宮田さんはマイクなし
で演奏できる人なんですが、これはグルダの指示によるものです。
そして3曲目はブルックナーです。交響曲第1番は普通リンツ版がよく演奏される
のですが、晩年改訂したウィーン版があって、今日はこれを聴いていただきます。
それでは(ステージの)準備ができたようなので、私も支度をしてきます。』(拍手)

「支度?」一瞬変だなと思ったが、再登場して納得。
下野さん、サングラスをかけて頭にはど派手なはちまきをして現れた(驚)
オケの皆さんも下野さん同様で、サングラス、はちまき、帽子等の小道具を
身にまとっています。傑作はファゴット首席奏者。あのカツラにはだまされた(笑)
トリッキーなグルダ作品は、格好からいくぞ!ということなんでしょう。

2は両端楽章がファンキーでポップなのだが、チェロのカデンツァを配する中間部は
シック。楽器構成も特異なら、曲としても一風変わったティストの作品。
これもグルダの奇才ぶりの現れなのでしょうが、実際に演奏されると、
ソリストの宮田大さんと札響メンバーの名技が炸裂して、おもしろいことこの上なし。
宮田さん、カデンツァでは「鳥の歌」を挿入していましたね。
定期演奏会でこんなに愉快な気持ちになれたのは初めてでした。
この挑戦的選曲は賛否を呼ぶでしょうが、私的には下野さんらしい凝ったプログラム
のお陰で新たな発見をしたと肯定的にとらえたい。
企画を決断した札響にも「ザ・プリンシパルズ」以来のあっぱれをあげたい気分。
下野さんには引き続き定期演奏会への登場を期待したい。

3は所有CDが全て「リンツ版」のため(というより素人のため)版の違いは
わからないが、総体的により装飾的で流麗な印象が残った。
札響でブルックナーを聴いたのは2014年定期演奏会以来だが、札響がますます
充実したブルックナー演奏が可能なオーケストラに変貌しつつあるようで、
これは嬉しいことだ。

昼公演。客入りは7~8割か。

c0007388_22150380.jpg


[PR]
by capricciosam | 2017-09-23 22:17 | 音楽 | Comments(0)


東京都交響楽団札幌特別公演@K... >>