ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団@NHK音楽祭2017

【プログラム】

1 ブラームス ドイツ・レクイエム 作品45

指揮:ヘルベルト・ブロムシュテット
ソプラノ:ハンナ・モリソン
バリトン:ミヒャエル・ナジ
合唱:ウィーン楽友協会合唱団

歌舞伎をみた後は渋谷へ移動して初のNHK音楽祭へ。
渋谷駅からNHKへ向かう坂の途中で雨がポツポツ降り始めたので、近くのMUJIで
折りたたみ傘を買った。しかし、その傘も大して濡れないうちにNHKホールへ着いた
のは幸いだった。


「ドイツ・レクイエム」の実演は10年以上前に札響定期で聴いたきりで、
北海道ではなかなか実演に接する機会がなかった。

ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団の日本ツアーの一環として演奏されたが、
「ドイツ・レクイエム」の演奏は今夜だけ。
ブロムシュテットさんも
「とりわけ私は、日本の聴衆の方々の前でブラームスの<ドイツレクイエム>を初披露
できることに心躍らせております。」(ツアー公式パンフレットより引用)
と強調されていたので期待は大きかった。


指揮台の楽譜は閉じたままで、ブロムシュテットさんは暗譜で指揮されていた。
演奏には無駄な力みが感じられず、端正にさらさらと流れるが如くなのだ。
それが、逆にこの作品の核心に迫っているように思えたし、同時に作品への
リスペクト感が自然体の中から満ちあふれてきているようだった。
かと言って劇的さが希薄すぎる訳でもない。高いレベルでの中庸という感じだ。


また、特筆すべきはウィーン楽友協会合唱団。この作品は合唱の比重が高いと
思っているが、今回は合唱で聴かされたという気分になるくらい、実に説得力があった。
指揮者、オーケストラ、ソリスト、合唱が一体となった名演。
今回を越える「ドイツ・レクイエム」に出会うことは、今後そうそうないだろう。

曲が終わってもブロムシュテットさんはじっとしてなかなか腕を下ろそうとしなかった。
客席も水を打ったように静まりかえって(拍手をした唐変木一名を除いて)たっぷり
とした余韻を味わうことで、一層の感慨に浸ることができたのは僥倖と言えよう。

帰り道はしっかり濡れていた。恐らく演奏会の間は降っていたのだろうが、幸い雨は
上がっていた。結局、傘は使わずに済んだが、お陰でほぼ新品のまま持ち帰ることになり、
傘が東京土産になってしまった。この傘は「ゲヴァントハウスの傘」とでも呼ぼうかな。

<蛇足12.31>
12月はいくつかの演奏会を聴きに行こうと思っていたが、
急に諸事が重なり結果的に今回が今年の聴き納めになってしまった。
今年は今回の「ドイツ・レクイエム」と
4月のBCJの「マタイ受難曲」
宗教曲の珠玉の名演に出会えた一年となったことに感謝したいと思う。


c0007388_12202343.jpg



[PR]
by capricciosam | 2017-11-19 12:04 | 音楽 | Comments(0)


<< クリスマスの約束2017 吉例顔見世大歌舞伎@歌舞伎座2017 >>