ある閉店2005@大通り地区

16日に丸善札幌南一条店が現在地での営業を止めた。
(北海道新聞より)
三越のすぐとなりにあり、改築した際には一階が三越から
続いていて、変わったなぁ、と驚いたが、多少広くはなった
ものの、依然手狭な感は残った。
あまり立ち寄る書店ではなかったが、一番の思い出は
高校入学時に亡父に連れられて学参を買いに行ったことか。
あの頃はもっと地味で、アカデミックな印象が強かった。
これで向かいのPARCOにあった富貴堂も大分以前に閉店
したので、大通り・四丁目周辺から悉く大型書店が消えたようだ。
逆に札幌駅周辺には紀伊國屋書店、旭屋書店、三省堂書店が
集り、本を求める時は札幌駅周辺が便利になったことは間違いない。
とは言ってもプロ作家の目から見たらまだまだらしいのですが。
(2005/7/27の記事をご覧ください。)
札幌駅周辺と大通り・四丁目周辺という商業ゾーン間での客質や
客の流れにますます格差が生じていくのではないか、と思われる。

余談だが、PARCOの富貴堂は3年前に閉店したらしいことも、
つい最近最上階のレストラン街で食事して知ったことだ。
最近はやや郊外に位置する大型書店で十分間に合うため、
わざわざ混雑する中心部の書店へ出かけることもなくなっていた。
しかし、あまりの「浦島太郎」状態に我ながら呆れかえってしまった。
まあこの歳だからPARCOもとうに卒業したと考えても不思議では
ないのだが、これで書店もなくなったPARCOへ足を向けることは
まずない。
c0007388_22153437.jpg

[PR]
by capricciosam | 2005-10-17 22:18 | 読書 | Comments(3)
Commented by f16fightingfalcon at 2005-10-18 00:09
札幌も駅の近くにかなり大きな紀伊国屋ができてましたね。そうなると、中途半端な「総合書店」は生き残れないのでしょうか。「丸善」って本好きにはかなりのブランドだと思うのですが。
Commented by aiden301 at 2005-10-18 00:56
capricciosamさん、こんにちは。
書店、とくに親しみのある書店が無くなったり、移転したりするのって、さびしいものがありますよね・・・
私の方でも昨年、今年と、行きなれた(カタイ本ばっかの、笑)古本屋が二つ移転してしまい、ちょっとかなしい、そしてすこし困っている昨今です。
Commented by capricciosam at 2005-10-18 07:08
>f16fightingfalconさん、コメントありがとうございます。
>中途半端な「総合書店」は生き残れない
よく利用する郊外型書店は珍しく色々なジャンルが豊富で、かつ広いスペースでゆったりとした感じです。それに駐車場がたっぷりあるのも便利です。総合書店は何よりも品揃えとは思うのですが、ブログに書いた丸善は手狭で、やはり無理があったのでしょうね。

>aiden301さん、コメントありがとうございます。
>親しみのある書店が無くなったり、移転したりするのって、さびしいものがあります
ブログではあまり感情を出さずじまいでしたが、丸善はあまり利用した方ではないにもかかわらず、これまでの人生の中で忘れられない場面があったりしたので、あの場からなくなるということにやはり一抹の寂しさはありますね。


<< ススキ 幻の第九 >>