Smooth Jazz②

このアルバムは耳にスーッとはいってくるジャズをコンセプトに
したらしいのですが、「えっ、これもジャズなの!?」なんて思う
曲も入っていて、楽しいし、おもしろいです。

そのうち一枚目の7番目にはルイ・アームストロングの歌う
「We Have All The Time In The World」
があります。
サッチモの粘りに粘ったウォーミィな声とバックのストリングスの
実に甘美なメロディが効果的な、実に魅力的な一曲です。
この曲、実は旧い映画の挿入歌なんですが、おわかりになりますか?
わかったら結構、その映画のファンか映画通だと思います。




答えは「女王陛下の007」です。
007シリーズの第6作として1969年に制作されました。
5作目まで主演したショーン・コネリーがボンド役に固定されるのを
嫌って降板したため、ほとんど無名のジョージ・レーゼンビーが
主役に抜擢された作品です。
しかし、演技はいまいちで、スタッフとのトラブルもあったようで、
結局、彼はこのシリーズはこれ一作となってしまいました。
興行的にはどうだったのか知りませんが、
私にとっては結構お気に入りの作品です。
と言うのは、ボンドが恋に落ちて、唯一結婚するという展開がある
シリーズ中では極めて珍しい「純愛映画」になっている点なんです。
ボンドとトレイシーの幸せな様子は、アクション映画であることを
一瞬忘れさせるのですが、突然訪れる幕切れが観る者の言葉を
奪います。これ以上書くとネタバレなのでやめます。
最近の007シリーズしかご覧になっていない方で興味のある方は
機会があれば、一度ご覧になってみてください。
享楽的じゃない007も又良いものですよ。

原作者のフレミングの死後も原作が書き継がれ、映画は
次のボンド役も決まり、来年には「カジノロワイヤル」の
リメイク版が公開されるようです。
ボンドは不死身ですね。

■敵のアジトは山頂の研究所になっていたと思いますが、
ロケ地はスイスの観光名所なんですね。

■写真のCDはシリーズ30周年記念のものです
c0007388_2341627.jpg

[PR]
by capricciosam | 2005-12-26 23:22 | 音楽 | Comments(4)
Commented by f16fightingfalcon at 2005-12-29 00:46
こんばんは、女王陛下の007良かったですね。最後にボンド夫人が亡くなるのが何とも言えません。何作目だったか忘れましたが、ロジャー・ムーアが夫人の墓参りをするシーンがありましたね。私の世代はボンドと言えばロジャー・ムーアです。
Commented by capricciosam at 2005-12-29 10:10
>f16fightingfalconさん、コメントりがとうございます。
>ロジャー・ムーアが夫人の墓参りをするシーンがありましたね。
女王陛下のエピソードを知っている人ならピンとくるシーンですね。
確か、ムーア主演の「ユア・アイズ・オンリー」の冒頭にあったと思います。
Commented by 佐々木譲 at 2005-12-29 21:37 x
『女王陛下の007』、公開当時、映画ファンにはぼろくそに言われた作品でしたよね。「あなたの007ベストスリー」といった企画では、かならず酷評の対象。ところがこれをベスト1とする映画評論家も何人かいて、わたしはそのひとたちの審美眼を信用しています。わたしもこの作品がベスト1。
ちなみに007新作はチェコのプラハが舞台なのだそうです。プラハはいまや、スパイ・アクションの聖地と言ってもいいでしょうね。
Commented by capricciosam at 2005-12-29 23:55
>佐々木譲 さん、コメントありか゜とうございます。
>わたしもこの作品がベスト1。
ブログでは言い切りませんでしたが、私も同様です。主役交代という奇遇も作用してこの作品は埋もれがちですが、ストーリー的には充実度は高いと思っています。
>ちなみに007新作はチェコのプラハが舞台なのだそうです。
そうなのですか、知りませんでした。そう言えばティモシー・ダルトン主演の「リビング・ディ・ライツ」でもプラハをイメージしていました。モーツァルトが印象的でしたが、彼女は曲にはイマイチだったのが残念でした。


<< Smooth Jazz③ Smooth Jazz >>