Smooth Jazz~落穂拾い

今年の年末を思いかげず飾ってしまったSmooth Jazzですが、
このブログの記事をアップするため毎日聴いていましたが、
改めてほんと耳になじむなぁ~、と思います。
肩の凝らない楽しさのあるリラックス音楽、
BGMとしてもお薦めです。
さて、最終回の今回は「落穂拾い」としました。
とりあげたのは次の2曲です。

■ Lovin'You/ミニー・リパートン
彼女の代表曲で「これもJazz!?」と内心叫んでしまいました。
5オクターブ以上の声域を駆使して、彼女が27歳の時に
大ヒットとなりました。
私は若い頃深夜放送で一度だけ彼女がこの曲を歌うのをTVで
観たのですが、たったこれっきりですっかり魅了されてしまいました。
残念ながら、彼女は乳ガンから若くして逝ってしまいましたが、
彼女はこの曲とともに永久の命を与えられたような気がします。
ちなみに、この曲を含むアルバムの誕生には、当時は
ステービィー・ワンダーが覆面で参加していたそうです。
今となってはバレバレだそうですが、契約上の関係からなのでしょうか。

■ M★A★S★H
北海道もシネコンの洗礼を受けて久しいのですが、
私の若かりし頃は俗に言う「二番館」「三番館」と言われる映画館が
ありました。封切り後時間が経ったあとの傷ついたフィルムを
低料金で上映してくれる映画館で札幌にもいろいろありました。
「ニコー劇場」「テアトル・ポー」「遊楽地下」etc+須貝ビルにも。
今となってはことごとく見あたりませんね、残念ながら。
この映画はそんな映画館のどこかで観たことは覚えています。
朝鮮戦争の野戦病院にやってきた二人の医師が
規律を無視してやりたい放題やる
戦争を題材にしたブラック・コメディの傑作でした。
オフザケとシリアスな現実が戦争の狂気を対比させて見事でした。
でも、そのテーマソングはすっかり忘れていたのですが、
3枚目14曲目で思わぬ再会をしてしまいました。
木琴によるそのうつむき加減なワルツ風の味付けに、
当時観たシーンがよみがえって新鮮でした。
この映画もっと評価されてもよいのかな、という気がします。


年末くらいガンバッテ毎日更新をプチ目標にやってきましたが、
なんとか達成できました。
でも最後の話題がジャズとは自分でも意外なんですよ、ホント。

さて、当ブログにおつきあいいただいた皆様、今年一年
TBやら、コメントやら、いろいろかまっていただき
ほんとうにありがとうございました。
喪中の身とて、年があけてもおめでたいことは
慎まねばなりませぬが、できれば元旦から更新していきたい
と思っておりますので、来年もよろしくお願いいたします。

来年が皆様にとりまして良い一年でありますことを
心より御祈念申し上げます。
[PR]
by capricciosam | 2005-12-31 18:33 | 音楽 | Comments(2)
Commented by ShihO★ at 2006-01-07 13:42 x
初めまして~♪
自分もjazz大好きですよ!!といってもはまったのはつい最近なんですがね。
ついこの間横浜モーションブルーに行ってSFKUaNK(スフォンク)って言うバンドの演奏を聴いてきたばかりです。
セッションなんですがね、かな~リお勧めです。
一度聴いてみては?
Commented by capricciosam at 2006-01-08 09:59
>ShihO★さん、コメントありがとうございます。
>自分もjazz大好きですよ!!といってもはまったのはつい最近なんですがね
私もまだ初心者程度なので、似た者同士これからも聴いていきましょう。


<< 穏やかです Smooth Jazz⑤ >>