ミノルタの退場

連日降り続く雪は、昨年暮れの雪が降りそうで降らなかった頃の
「雪が降ってほっとした」なんて気分をすっかり遠のかせてくれました。
一階の窓もちらほら隠れそうないきおいです。
まあ、よう降ります。

なんて日常に追われていたら、先日の「ライブドアショック」の
発生です。驚きましたが、素人には唐突すぎてよくわかりません。
時間も経ってマスコミの解説もわかりやすくなってきましたが、
要は「ホリエモンの違法か違法の疑いのある自作自演劇」
ということなのでしょうか。
彼の拝金主義的発想には共感できないのですが、
発想的にブレークスルーしていくところは、ある意味
時代の閉塞感をうち破る一人かな、と期待していました。
童話のカエルのようにならなければ良いのですが。

でも、それに連動した東京証券取引所の取扱い中止が
事態としてはより深刻だなぁ、と思いました。
昨年の2度のトラブルに引き続きまたもやですから、
世界的な信頼の失墜が景気回復や長期的な日本の位置づけに
悪影響を及ぼさなければよいなぁ、と素人ながら考えます。
それにしてもシステムの破綻に備えた対策がお粗末だった、
としか言いようがないですね。
またシステム自体の瑕疵はゼロになったのでしょうか、心配。

ところで一番驚いたのは、扱いとしては小さいのですが、
コニカミノルタがカメラ・フィルム事業から撤退
というニュースでした。
先日のニコンのニュースは規模の縮小で、
まだ若干の救いがあったのですが、
こんどは完全撤退ですから衝撃が違いました。
当時、一眼レフカメラに興味が湧いてきた頃で、
オートフォーカスカメラの出現は、個人的にはうってつけでした。
当時のベストセラーであるミノルタα-7000を大枚投じて
買ったものでした。
c0007388_2303322.jpg

ほんとに、これでよく撮りました。
今では調子もイマイチなのですが、それでも
なかなか手放せません。
そんな私でさえ、今じゃデジカメかカメラ付きケータイ
ぐらいしか扱わないのですから、間接的にしろ
退場に一役買ってしまった訳です。
身勝手なものですが、さびしい限りです。

雪に埋もれている間にも世間では驚くような事が起きます。
[PR]
by capricciosam | 2006-01-19 23:26 | 時の移ろい | Comments(5)
Commented by capricciosam at 2006-01-21 08:20
>an_idle さん、いただいたコメントですが、本記事には無関係ですので削除させていただきます。

Commented by さくちゃん at 2006-01-22 09:11 x
TBありがとうございました。コニカミノルタについては、その世代の人たちにとってはなんとも言えない感じがあるのでしょうね。最初に100万画素のデジカメを買った時は値段も高かったし、印刷してもいかにも「デジタル!」という印象があったけど、今はかなりアナログに近づいてきましたね。デジカメの手軽さは好きです。
Commented by capricciosam at 2006-01-22 20:20
>さくちゃん さん、コメントありがとうございます。
>デジカメの手軽さは好きです。
そうですね、敷居をぐっと低くしてくれたことは疑いようもない事実ですね。私もこの点の優位性はゆるがないと思います。でも、例えばCDの普及の中で、レコードが一定のポジションを占めるように従来型のカメラも細々でも命脈を保っていくのかなぁ、とも思わぬでもないですね。
Commented by f16fightingfalcon at 2006-01-22 23:26
こんばんは。ミノルタもとうとう、撤退、コニカの方もフィルムはやめる方向らしいですから、フィルムカメラを取り巻く状況はかなり厳しそうですね。フィルムで撮った事がない人が増えてくると、現像する、などと言う行為が、店を探しまわったりして苦労する時代になってしまうのかもしれません。
Commented by capricciosam at 2006-01-24 07:29
>f16fightingfalconさん、コメントありがとうございます。
>フィルムで撮った事がない人が増えてくる
着実にそうでしょうね。CDとレコード、携帯電話とテレホンカードのように一方の普及と一方の衰退という現象と重なってしょうがないのですが、モノの変化にともなう過渡的現象なのでしょうね。それでも根強いファンが支えてフィルムはわずかでも残るのではないかと思うのですが。


<< 雪の造形 老人と海@新潮文庫 >>