二人のシーズン

■ 何十年前なのかな

  TVからなつかしいポップスが聞こえてきた。
  ビートに吐息がからむ妖しい雰囲気。
  メロディ主体の当時でもこの曲は異色だった。
  妙に大人っぽさを感じ、まだ多感な年頃にさしかかった
  身としては、おおっぴらに聴くには少々気恥ずかしい
  思いがあったことを思い出す。
  
  でも、どうして今頃?
  画面に視線を移して、それが日産自動車のTIDAという
  新型車のCMに使われていることがわかった。
  大人の上質感を訴えたいようだが、いいものは時代を
  超えてよみがえる、ということか。
    
  まあ、メロディもなくリズムを強調した上に強引に歌詞を
  のせた歌が、あとうん十年もたってから、どれくらい利用
  されるのか、なつメロ世代としては少々疑問なのだが、
  そのときはまた感性が大きく変化しているのかな。
  でも、想像したくないな、
  やっぱりメロディがないとなぁ。
[PR]
by capricciosam | 2005-01-18 00:23 | 音楽 | Comments(0)


<< シンプルな 100分の1 >>