モーツァルトの誕生日によせて

昨日はモーツァルトの誕生日だったんですね。
すっかり忘れていて、帰宅してニュースを見ていたら
生誕地ザルツブルグの様子が流されていました。
一日遅れですが、生誕250年でもあるし、
メモリアルとして記しておきます。

私にとっての忘れじの一曲は「ピアノ・ソナタ第8番」です。

第一楽章の冒頭からちょっと緊張をはらんだもの悲しい
主題が展開されて一種異様な雰囲気のまま進みます。
第二楽章では第一楽章の精神的に追いつめられている
かのような切迫感から一転して、ゆったりとした歌が
しみじみと歌われていきます。まるで慰めのようですが、
時おり暗い表情があらわれ、第一楽章の気分が連想
されます。
第三楽章はまるで第一楽章に立ち返ったかのような、
悲しい雰囲気が再現され、快速気味に展開して、突如
としてピリオドが打たれ、悲劇的な余韻を残して終わります。

めったに手を出さないジャンルなのですが、この曲の
厳しくも暗い雰囲気がとても印象深く、モーツァルトに抱いていた
イメージとは異なっていました。そこで俄然興味が湧いて
その他のピアノ・ソナタも聴いてみるきっかけとなりました。
総じて典雅な、無邪気な雰囲気の感じのピアノ・ソナタが
多い中で、やはりこの曲は異質な感じがぬぐえません。
よく言われる失職して、求職中のパリで同行していた母が死ぬ、
という状況とも関係しているのかもしれません。

モーツァルトの曲は嬉々として遊んでいるかのような無邪気さ
を感じさせる曲もあれば、なにやら悲しげな雰囲気に充ちている
曲もあります。この曲は後者の中の、人を惹きつけて止まない
優れた作品だと思います。

■写真のCDはこの曲との出会いとなったマリア・J・ピリス
c0007388_11304360.jpg

[PR]
by capricciosam | 2006-01-28 11:35 | 音楽 | Comments(6)
Commented by tokkey_0524zet at 2006-01-30 01:44
 今晩は。クラシック音楽は余り詳しくないんですが、モーツァルトの曲には様々な効果があるそうですね。胎教に良いとか植物に聴かせると良く育つとか。「ストレス解消」に効く曲があれば教えて頂きたいですw。
Commented by itabashi_1 at 2006-01-30 09:24
おはようございます、capricciosamさん。
昔の話になりますが30歳を過ぎた頃からクラシックを聞き始めモーツァルトの交響曲39、40,41あたりをよく聴きました。実は私は35歳で結婚したのですが、モーツァルトはその歳には天国に召されていたのですね。昔をしのびながら『忘れじの3曲』を聴いてみようと想っています。
最後になってしまいましたがTB、ありがとうございました。


Commented by f16fightingfalcon at 2006-01-30 23:18
こんばんは、今年はモーツアルトイヤーで、秋葉原でも大量にCDが並んでいますね。モーツアルトにはあまり凝っていませんが、ピリスのこのピアノソナタのアルバム、透明なピアノの響きが好きです。
Commented by capricciosam at 2006-01-30 23:52
>tokkey_0524zetさん、コメントありがとうございます。
>「ストレス解消」に効く曲
あまり意識したことがなかったので、とっさにはわかりませんでした。そこでちょっと調べてみました。コメント欄ではあふれてしまいましたので、別にたてた記事をごらんください。
Commented by capricciosam at 2006-01-30 23:58
>itabashi_1さん、コメントありがとうございます。
>モーツァルトはその歳には天国に召されていた
35歳の生涯はやはり短いと思いますが、その内容の「濃さ」は残された作品の数々が証明しています。さすがです。
Commented by capricciosam at 2006-01-31 00:06
>f16fightingfalconさん、コメントありがとうございます。
>透明なピアノの響きが好きです
さすが、よくお聴きになっていますね。ピリスのタッチは中庸な、イヤミにならない程度にソフィスティケイテッドされた音を感じ、惹かれます。


<< モーツァルト番外編・音楽療法 ホリエモンの退場 >>