トロイ@DVD

昨夜から降り続いた雪のため、今朝から何時間も除雪
していました。午後までかかりましたが、クタクタです。
大量のドカ雪ですが、まったくどうなっているんでしょう。

たっぷりかいた汗を流してから、すっきりして
東レパンパシフィクテニスを観ていました。
連覇のかかったシャラポワか、復活したヒンギスか。
ヒンギスが常に主導権を握り、シャラポワにゆさぶりをかけて、
ミスを誘う。さすが、元女王です。
やはりヒンギスが一枚も二枚も上手でした。
一旦引退していたとはいえ、まだ25歳。
まだまだ先がありそうです。

ところで、昨夜は先日買ってきた「トロイ」を観ました。
封切り当時も観たのですが、廉価盤でさらに割引があったので、
ついつい買ってしまいました。
よくできている娯楽映画という印象は変わりませんでした。
トロイといえば、「ヘレン」「木馬」に代表される逸話が有名ですね。
ネットでいろいろ調べてみると、元々はギリャ神話の長い長い話で、
ホメロスのイリアスもその中のほんの一部のようです。
映画は、原作に頻繁に登場する神々を一切登場させず、
人間ドラマとして再編して、エピソードをつなぎあわせます。
映画をみていると短期間で戦いが終わったようですが、
神話では10年の長きに渡ってたり、アキレスがヘクトルの遺体を
12日間もひきずっていたり、ヘレンはトロイに嫌気がさして
ギリシャへ帰りたがったり、アガメムノンは勝利して帰った途端に
殺されたり、と原作がドロドロしているのには正直驚きでした。

原作の物語がアキレスの両親の結婚(なんと、これが人間と女神
の結婚なんですよ!)の場面で、招待されなかった
嫌われキャラの女神が「一番きれいな女に贈る」と記した
黄金のリンゴを送りつけ、ヘラ、アテナイ、アフロディーテの
3人の女神が競う場面から始まるようです。
「神様なのに争っちゃう訳!?」
神々の造形のなんと人間くさいことか。
ギリシャ神話というのもなかなかおもしろそうです。

■ギリシャ神話をダイジェストで紹介しているサイトはこちらです。

■トロイ遺跡を旅行された方のサイトはこちらです。

余談ですが、最初「トロイの木馬」で検索したのですが、
ヒットしてくるのはほとんどがウィルス関連でしたね。
時代だなぁ。(^^)
c0007388_22222155.jpg

[PR]
by capricciosam | 2006-02-04 22:34 | 映画 | Comments(0)


<< 雪かきの日々 モーツァルト番外編・音楽療法 >>