伊福部昭さん死去

北海道に生まれ、その大地とのつながりを連想させる
土俗的香りが立ちこめる独特な作風の作品を提供し続けた
伊福部昭さんが先日亡くなられました。
このブログを始めた頃にその作品を取り上げた事があり、
感慨もひとしおです。
現代音楽において独自な軌跡を残された
伊福部さんのご冥福を心からお祈りいたします。

■当時とりあげたCDです、今も書きながら聴いています
c0007388_23411046.jpg

[PR]
by capricciosam | 2006-02-10 23:45 | 音楽 | Comments(2)
Commented by tokkey_0524zet at 2006-02-17 18:30
 ゴジラのテーマ、好きでしたね~。伊福部氏の訃報を知ってつい「空の大怪獣ラドン」のビデオを引っ張り出して鑑賞してしまいました。
 私も「ゴジラ・オリジナルサウンドトラック」持ってます。特に「メカゴジラ現わる」がお気に入りで、映画でこのテーマと共にメカゴジラが出現した時には余りのカッコ良さにのたうち回ったものです。
 また一人、巨匠が亡くなってしまわれましたね・・・合掌。
Commented by capricciosam at 2006-02-18 21:37
>tokkey_0524zetさん、コメントありがとうございます。
>ゴジラのテーマ、好きでしたね~。
同感です。人は得体の知れないモノには畏怖し、一目置きます。原初には得体の知れなさが充ち満ちいたのでしょうが、原初の素朴さにつながる土俗的響きを大事にした伊福部さんのこのテーマ音楽は、聴く者の根元的なところを揺さぶる傑作だと思っています。


<< 誰も寝てはならぬ…トリノ五輪!? 運動不足? >>