武満徹没後10年によせて②@Kitara2006

先日記した没後5年特別企画「夢窓」の命日当日に行われた
「武満徹の管弦楽-1980s」と題する演奏会は下記のような
プログラムでした。

指揮:尾高忠明★
ヴィオラ:今井信子
フルート:エミリー・バイノン★
オーケストラ:新日本フィル
曲:弦楽オーケストラのための<死と再生>
  ウォーター・ドリーミング★
  トィル・バイ・トワイライト★
  ア・ストリング・アラウンド・オータム★
  波の盆~オーケストラのための★

この演奏会は聴くことはできなかったのですが、★印のついた
部分は今回の札響定期とまったく同じです。
その上、札響もオール武満プロは定期としては30年ぶりらしい、
となれば、今回を逃すとちょいと後悔するかもなぁ、と思い至り、
なんとか仕事をがんばって時間を作って出かけてきました。
二日目昼公演の当日券でしたが、入りは7割くらいかな。
「弦楽のためのレクイエム」以外は聴いたこともない曲ばかりです。

今回のプログラムも、大江氏の言葉にあったエラボレイトを
積み重ねていった武満の作品が「弦楽のためのレクイエム」から
年代順に演奏されていったように思います。
いずれの作品も武満らしい「響き」と「うねり」が作り出す「静謐さ」
「浮遊感」「無限性」を感じさせてくれます。
「ア・ストリング・アラウンド・オータム」は独奏ビオラの落ち着いた響き
が秋にふさわしい。ただ聴いていた3階席では少々音量が不足気味
だったような感じもしました。これはビオラという楽器の特性のせい?
「ウォーター・ドリーミング」の無限に連環するがごとき様はフルートの
甘美な響きによって浮かんでは消えていく色彩や、時には「歌」も
感じさせてくれました。

誤解を恐れずに言えば武満徹の作り出した曲には「響き」やその
連なりとしての「うねり」はあれど、「歌」や「抒情」なんてある訳ない、
なんて勝手に誤解していたようです。
それを見事に証明してくれたのが最後に演奏された
「波の盆~オーケストラのための」です。
この作品には武満自身が内面に秘めていた見事なまでの
「歌」が奔流となって表出されくるのです。これには驚きました。
いただいたパンフの札響団員の方の話にも演奏しながら泣く奏者
がたくさんいる、との話を見つけ、首肯できる話だなぁ、と思いました。
この曲はもっと知られて良い曲だ、と思います。
アイブスの「宵闇のセントラルパーク」に似たところもチョイあります。

今回の体験で武満徹に抱いていた考え(先入観)が少し変わった
ようです。先日のペレーニもそうでしたが、
「食わず嫌いはあきません」を実感しています。

札響もよく健闘して武満トーンを表現していた、と思いましたが、
音に集中するあまり、音量が不足気味だったのではないか、とも
感じました。あの集中力で、もう少しボリュームがあれば、きっと
鳥肌モノだったのではないか、と改めて思います。
しかし、曲ごとにステージ上での転換がめまぐるしかったので、
大変だったでしょうが、見ている分にはおもしろかったです。(^^)

さすが定期らしく、フライング拍手、フライングブラボーもなく、
快適でした。でも、弱音やデミニュエンド気味に終わろう、という時に
咳が何回か飛び出したのは残念。録音して放送されるだけに、
せめて口をハンカチで押さえてくれればなぁ。
c0007388_8564323.jpg

[PR]
by capricciosam | 2006-02-26 09:08 | 音楽 | Comments(6)
Commented by yoyogi39 at 2006-02-27 08:32
TBありがとうございます。
初日はP席で、2日目は私も3階席で聴いておりました。
「波の盆」に再び泣かされました。FMの放送が楽しみですね。
Commented by capricciosam at 2006-02-28 06:34
>yoyogi39さん、コメントありがとうございます。
>「波の盆」に再び泣かされました
出だしから気持ちを鷲掴みされて、激しく揺さぶられたような気分でした。聴く者の気持ちを捕らえて放さない迫力に息を呑んでいました。
「泣く」というお気持ちわかるような気がします。
Commented by ちょろきゅ at 2006-02-28 13:25 x
サムディさん、TBつけてくださったのですね。
ありがとうございます。

わたしは1日目しか聴くことができませんでしたが、2日間通して行った主人によりますと、2日目のほうがぐんと演奏がよくなったそうです。

>「食わず嫌いはあきません」を実感しています。

全くおっしゃるとおりで武満さんについてほとんど知らなかったわたしでさえ、「波の盆」では自然と涙が出て、演奏終了後には主人とただ黙ってスタンディングし、尾高さんとオケの皆さんに拍手を贈るばかりでした。
言葉に出せないほどの感動というのでしょうか・・・・・。

広狩氏のヴィオラ・バイノンさんのフルートともに曲想に合った素晴らしい音色でとても美しかったですね。

東京から聴きにいらした武満ファンの皆さんもあちらで聴いた某○響の演奏よりよかったとおっしゃってたそうです。
Commented by capricciosam at 2006-03-01 07:25
>ちょろきゅさん、コメントありがとうございます。
>言葉に出せないほどの感動というのでしょうか・・・・・。
同感です。音を探求して抽象化した作品を作り続けた人の作品とは思えぬ「歌ごころ」に満ちた曲でした。例えは悪いのですが、野球でバッターボックスに立ったら、ストライクゾーンのど真ん中に剛速球を決められて呆然と見送ってしまった気分です。
Commented by yoyogi39 at 2006-03-01 08:43
ウォーター・ドリーミングは昨年の1月にNHKホールで
N響・アシュケナージ・バイノンで聴き、一緒に行った家内も
その時から武満の魅力がわかったようです。私は70年代から
ステージ挨拶する武満さんの姿などをリアルタイムで見ていま
したが、いくつかの曲は、これからも長く演奏されていくでしょう。
今回も2日目は家内と一緒に行きました。
2日目は真っ先に「波の盆」のCDを買いました。
Commented by capricciosam at 2006-03-02 23:32
>yoyogi39さん、コメントありがとうございます。
>2日目は真っ先に「波の盆」のCDを買いました
実は私も同じ思いでした。あれは実に魅力的ですものね。
バイノンさんのソロで最後に音が消え入る様は絶品でした。ただし、あの咳はいただけませんでした。ホント残念。


<< EXCITEさん、どうしたの 武満徹没後10年によせて@東京... >>