遠くへ行きたい

今夜仕事を終えて帰宅する途中でFMを聴いたら、
男女のパーソナリティ(女性は元モー娘?)が
「どこか似ているぞコーナー」というのをやっていた。

そこでチャイコフスキーの交響曲第1番のある部分が
名曲「遠くへ行きたい」と似ている、という紹介をしていた。
なるほど、よく似ていましたね、これが。
よく見つけてくるなぁ、と感心していました。

そう言えば、「遠くへ行きたい」。
この手の曲は完璧にナツメロなんだけれど、
あまり古すぎて、忘れられつつあるのかなぁ、と
ちょっと心配になったりして。
良い曲ですから、お聴きになったことがない方はぜひ一度。

こちらで歌詞とメロディを味わえます。
[PR]
by capricciosam | 2006-03-12 23:26 | 時の移ろい | Comments(2)
Commented by chankin1 at 2006-03-16 03:44
こんにちは、って言う時間ではないのですが、いつも楽しみに読ませてもらっています。
「遠くへ行きたい」は確か、「ゲバゲバ90分」で流れていたのを聞いたのが最初だったと思います。うろ覚えなので間違っているかも知れませんが・・・。子供心に「どんな悲しい事があって遠くへ行きたいのだろう?」と思った記憶があります。
Commented by capricciosam at 2006-03-17 00:12
>chankin1さん、コメントありがとうございます。
>子供心に「どんな悲しい事があって遠くへ行きたいのだろう?」と思った 記憶があります。
まったく同様です。それらしき事情は歌詞にはみあたりませんから、受け手側で人生にあてはめてみることになるんでしょう。だからこそ時代の流れに陳腐化せずに、いつの時代でも新鮮なんでしょうね。この歳まで生きてくると思い当たる節もそれなりにありますねぇ。


<< 犯罪被害 プロフェッショナル >>