待てば海路の日和あり

朝食を慌ただしく食べている時のことです。
ふと、庭のバードテーブルを見ると、
「キレンジャクの群れだ!」

今シーズンは実に寂しいシーズンで終わるのか、
と思っていたら、待った甲斐がありました。
思わず食べる手を休めて見とれていたら、なんと
最近姿を現しはじめていたヒヨドリが群れをけちらします。
「こらーっ、なんてことを!」

と、思ったら一羽だけ残って睨みあいを続ける
キレンジャクがいました。
「おー、すごいぞ、ガンバレ!」

身体を硬くして睨み合い、負けないんですよ、これが。
その間に、普段ほこりをかぶっている一眼レフをひっぱりだして、
その睨み合いをバシャバシャ撮りました。
うまく撮れていたら後日載せます(^^)

さぁ、どうなることかと見ていたら、お互いゆずらずに
餌を食べ合って、ほぼ同時に飛び立ってしまいました。
「アレアレ?」
お互い傷つかずに終わる、
これも野生の知恵なのでしょうね。

■キレンジャクについてはこちらをごらんください。
[PR]
by capricciosam | 2006-03-30 22:10 | 時の移ろい | Comments(2)
Commented by peppermint at 2006-04-03 09:55 x
capricciosamさん、こんにちは。ちょっとご無沙汰しておりました。
今年はなかなか野鳥が来ないとおっしゃていましたが、よかったですね!^^
しかも睨み合いの場面に巡り合うなんて、なんと運のいいことでしょう。
ぜひその緊張感漂うナイスショットを楽しみにしております。^^

私事ですが、サークルの新しいHPが完成しましたのでリンクさせていただきました。作者で管理人をしております。拙いページですが、よろしければお立ち寄りくださいませ。
Commented by capricciosam at 2006-04-03 23:36
>peppermint さん、コメントありがとうございます。
>睨み合いの場面に巡り合うなんて、なんと運のいいことでしょう
そうですよね、運が良かったと改めて思います。写真も現像にだしたので、うまく写っていたらアップしたいと思っています。お楽しみにしてください。(^^)
>サークルの新しいHP
さきほど、おじゃましてきました。フルートアンサンブルとは素敵なご趣味ですね。それにしても花見特集の桜が見事ですねぇ。今日は時ならぬ雪で一面真っ白な朝を迎えていました。北海道の桜もあと一ヶ月後くらいでしょうか。しかし日本も広い。


<< 北帰行 coup de baguett... >>