注目すべき話題の続き

6月20日は注目すべき話題が多かった。
少し続きを。

◆その1
山口県母子殺人事件の社会へ与えた影響は大きく、
いまだ判決が確定しない中、最高裁が注目の判断を示した。
無期懲役とした二審の広島高裁の判決を棄却して差し戻した。
これで犯人への極刑言い渡しが濃厚となった、と言えるのだが、
何故かその判決は中途半端な印象を与えた。
というのは、判決が確定するまでに
裁判という「時間」がまたかかる、という点だ。
本事件の重大性に鑑みて再審を決定し(たと信じているが)、
あれほど下級審の判決に踏み込んで判断しているのなら、
本村さんも指摘しているように、
何故最高裁判所は自らの判断を示せないのか?

被害者遺族の苦しみを長引かせるのは如何なものか。
「裁判の迅速化に関する法律」まであることに矛盾しないのか?

◆その2
かつて石炭で栄え、国策により閉山を余儀なくされ、
「炭坑から観光」への転換を図る中で、債務を財政規模の
数倍に膨らませた夕張市が北海道の強い指導を受けて
財政再建団体となることをついに表明した


各自治体は膨大な財政赤字の前に歳入に見合った
財政運営を強いられていて、企業で言えば「倒産」が
現実問題として浮上してきている。
わが北海道も危ない県の最有力候補の一角を占めている。
現に今年は4月から支出削減に加え、道職員の定数削減と
給与を2年間10%カットして財政健全化を図る計画なのに、
5月には早くも道税収入が不足という報道がなされて、
計画達成に向けて幸先はあまり良くないようだ。
つまり夕張市を指導した北海道とて危うい事態にある
ことに変わりはない訳だ。

北海道は開拓以来「官」依存体質と言われてきたが、
最大の産業である「官」が危機に瀕していることになる。
やはり「官」以外の産業の育成が急務なのだろう。
従来からある工場誘致等に加え、IT産業の育成、
コールセンターの誘致等、いろいろなアイデアがあるようだ。
基幹産業の一次産業と観光産業を主体に豊かな自然の中で
安心・安全な「食」の供給を担う場としてさらに体質強化を
図っていくこともオーソドックスながら良い選択だと思う。
しかし、いずれにせよ時間がかかるだろうから、
間に合えば良いのだが。
[PR]
by capricciosam | 2006-06-21 23:58 | 時の移ろい | Comments(0)


<< 青空ひさしぶり 心得違いの日銀総裁 >>