M:I:Ⅲ@特別先行上映

正式には来週からロードショー公開のようですが、
先週土日から特別先行上映がはじまっています。
映画の日で料金はお得、かつM:I:Ⅱの印象が
案外良かったことから期待してでかけました。

本シリーズも3作目。
一応「スパイ」ものなんでしょうが、007シリーズが
一作ごとにハデなアクションが目立ってきたように、
ベルリン、バチカン、上海と各地でのアクションは満載。
特にバチカンでの場面はよくできていると思いました。

<以下、ネタバレを含みますのでご注意ください>

とはいっても、見終わってもなんとなくモヤモヤ感が
残ってしまいました。
例えばキーワードの「ラビットフット」を見せはするものの
それが何かは結局明かさずにおしまい。
イーサンが仕事をやめなかったら教える、
なんてことをセリフに入れたりして、
「あれれ、いったい何だったんだ」
との未消化な感じが残ります。
まさか、M:I:Ⅳへの伏線だったりして。
それもロケ地は東京?

それに、「ラビットフット」を手に入れたはずなのに、
敵が執拗にイーサンを追い詰めるのは何故。
しかも冒頭含め2回も見せられる必要性はさしてない
ように思うのですが、このあたりの説明はなし。
なぜか細部が置き去りにされたようなアバウトさが
残って妙なひっかかりを感じてしまいます。
そのアバウトさが私には印象の散漫さに作用したようです。

ところで、ときどき妙な「既視感」に襲われます。
どこかでみたようなシーン、というかパクリに近いものが。
バチカンの塀からのワイヤーアクションは一作目。
このあたりは同じシリーズからなので微笑ましい。
でも、橋を走行中の車をミサイルで襲うシーンは、
A・シュワルツネッガーの「トルー・ライズ」そっくりです。
それにあの橋はひょっとして同じ橋ではないんでしょうか。
しかも、妻に素性を明かさなかったり、最後は妻が銃で
敵をやっつけるんですから、瓜二つでしょう。
その他、最後の上海の路上での格闘シーンで敵が
トラックにはねられるシーンは「スピード」ですか。
「共同制作」か「オマージュ」だったんでしょうか。
いやはや、実にアッケラカンとしたものです。

それなりに一定の水準だとは思うのですが、
私としてはトータルとしては前作を越えていないな、
という印象でした。
どうやら盛りだくさんなエピソードをストーリーとして
うまく整理できなかったせいなのかな。
でも、このシリーズは三作とも底流にあるのは
「裏切り」なんですね。
スパイものとしては王道を歩んでいるんでしょうか。
c0007388_2210162.jpg

[PR]
by capricciosam | 2006-07-01 22:23 | 映画 | Comments(4)
Commented by えい at 2006-07-02 10:02 x
こんにちは。
ぼくも『トゥルーライズ』そっくりだと思いました。
あの橋、キーウエストなのかな?
Commented by capricciosam at 2006-07-02 11:34
>えいさん、コメントありがとうございます。
>ぼくも『トゥルーライズ』そっくりだと思いました
そうですよねぇ。どう見ても次の3点はいただいていると思います。
①自分がスパイであることを妻には秘密にしている
②素人の妻が最後には銃をぶっ放して敵をやっつける
③橋でのミサイルによる襲撃シーン
それにしても本当の橋を破壊しているんでしょうか?不要の橋を利用しているんでしょうか?スタッフには相当数のCG担当者がいたのでうまく合成しているんでしょうね。
Commented by ミチ at 2006-07-02 16:20 x
こんにちは♪
TBありがとうございました!
同シリーズからの似たシーンの拝借はほほえましいものの、他の映画を思い浮かべるシーンはどうなんでしょうか?
オマージュといっていいのか悩みますね~。
Commented by capricciosam at 2006-07-03 00:03
>ミチさん、コメントありがとうございます。
>オマージュといっていいのか悩みますね~
そうなんですよ、でも映画の場合は絵画なんかと違って役者や動きが異なって来ますから、そうそう「盗作」なんてことにはならないんでしょうね。トム・クルーズか監督か、どちらがどうなのかわかりませんが、「トルー・ライズ」を意識していた(好き?)のは間違いないとは思うのですが。


<< カルミナ・ブラーナ@Kitara 再び花開く時が >>