東京クワルテット@PMF2006

開演間近にどやどやと大勢の若者が入場してきたので、5分遅れて開演。
東京クワルテットのメンバーが入場すると、彼らや他に座ったと思われる
若者たちから盛大な拍手や歓声(確かブラボーもあったかな)が。
どうやらPMF生だったらしい。
2ndヴァイオリンの池田さんは、挨拶しながら早くもニコニコ顔。

さて、一曲目はベートーヴェン弦楽四重奏曲第4番。
冒頭から4人の息がピタリとあって、力強く情熱的に主題が
奏でられていく様は圧巻の一語に尽きる。
しかしながら力強さだけではなく、弱音部分でのニュアンスも十分だから、
さすがという他はない。
この一曲を聴くだけでも、どれほどのメンバー交代を経てきたのかは
知らないが、現在でもこのクワルテットの合奏能力の高さは十分に高い
レベルを保っていることが明らかになったと思われた。
今夜一番気に入った演奏であった。

二曲目は武満徹の「ア・ウェイ・ア・ローン」。
この曲は東京クワルテット結成10周年の時に委嘱された作品
というから、メンバーにとっては自家薬籠中の一曲なのだろう。
確かに、武満らしさあふれる一曲で、響きがあり、それが連なり、
そして奔流となって流れ去り、そしてフェィドアウトして終わりを告げる。
メンバーも気合を入れて演奏していた、と思われた。
公演パンフでは「河が海に流れこんでいくイメージ」とあるが、
そんな気がしないでもない。しかし、聴いていて落ち着きの悪さが
つきまとい、すんなり耳になじむような作品とも思えない。
そこが武満らしいと言えばよいのか…。

三曲目はブラームス弦楽四重奏曲第3番。
メンバーはしっかり熱演していたのだが、どうもしっくりせず。
演奏自体ではなく、作品そのものとの相性なのかもしれない。
ブラームスは弦楽六重奏曲に比べ弦楽四重奏曲がいまいち
ピンとこないんですよね。不思議です。

盛大な拍手に応えてアンコール。
ヴィオラの磯村さんが、
「またPMFの(そして)キタラの会場で演奏できて幸せです」
こうおっしゃって、
モーツァルト弦楽四重奏曲第23番k590から「メヌエット」を。
チャーミングな、感じのよい曲でした。

最後に会場の入りですが、販売しなかったらしい正面席、三階席を
除いて7~8分の入り。中には札響のコンマスのお顔も。
明らかに昨年よりは入りましたが、PMFに室内楽コースが誕生して
2年目ですから、定着に向けてまだまだ入ってもよいのになぁ、との
思いは残ります。
c0007388_5502014.jpg

[PR]
by capricciosam | 2006-07-21 00:11 | 音楽 | Comments(0)


<< 漢字バトン 大学で一杯やる >>